ダイエットにおすすめの飲み物7選!今すぐ始められる♡

ダイエット 飲み物

「いきなり本格的なダイエットはできない。

負担なく、ストレスなくダイエットを行いたい」という方におすすめしたいのが、飲み物を使ったダイエット。飲み物に含まれる成分やカロリーは、思っているよりも身体への影響が大きいのです。

身近な飲み物をダイエットの味方につけて、手軽・簡単にダイエットの1歩をスタートさせましょう!

誰でも取り入れやすいダイエットって?

飲み物ダイエット

もっとも手軽にはじめられる・誰でも取り入れやすいダイエットと言えばやはり飲み物を利用したダイエットではないでしょうか?

この記事を読み終わったあと、今日・明日からでもはじめられます。

ここでご紹介する飲み物ダイエットは、いきなり大きく体重が減るようなダイエットではありません。

しかし『普段の生活の中に取り入れやすくストレスも少ない』『生活習慣・体質改善も期待できる』という、メリットの大きいものです。

7つのうち気に入るものがあるはずですので、是非参考にしてみてください。

ブラックコーヒー

飲み物ダイエット

目覚めの1杯や仕事中のブレイクタイムなど、日常的にコーヒーを飲むという方は多いのではないでしょうか?

いずれもコーヒーのカフェインが持つ覚醒効果を期待してのことだと思いますが、このカフェインと、コーヒーに含まれていることで知られているクロロゲン酸という成分は脂肪燃焼を促進する効果があると言われています!

▶ブラックコーヒーダイエットのやり方・タイミング

80度前後のお湯でドリップしたコーヒーをブラックで1日2~4杯飲む。

ブラックコーヒーとついている通り、必ずブラックで。

ミルク・お砂糖はカロリーがアップしてしまいますので我慢してくださいね。

より効率的にブラックコーヒーダイエットを行いたいのであれば、飲むタイミングは運動30分前がおすすめです。

運動を日常的に行っていないという方は午前中の活動時間、おでかけ前に飲みましょう。

▶ブラックコーヒーダイエットの注意点

手軽にインスタントコーヒーではじめたいところですが、インスタントコーヒーにはクロロゲン酸が少ないとされていますから、できればインスタントコーヒーは控えてください。

また、カフェイン・クロロゲン酸共に、とりすぎると胃に負担がかかります。1日に5杯を限度に飲んでください。

緑茶

飲み物ダイエット

コーヒーをブラックで飲めないという方は、緑茶ダイエットはいかがでしょうか?

緑茶にもコーヒー同様カフェインが含まれていますが、緑茶ダイエットで注目すべきはカテキンという成分です。

カテキンはすでに多くの企業がそのダイエット効果に着目しており、ダイエッター向けの商品を多数発売しています。

コンビニでも「脂肪を燃焼しやすくする!」というようなコピーのついたお茶製品が多数並んでいますよね。

緑茶は脂肪を燃焼しやすくするだけではなく、脂肪を分解してくれる効果もあると言われています。

▶緑茶ダイエットのやり方・タイミング

あたたかいお茶を1日2~4杯飲む。

コーヒー同様、運動する30分前や活動前に飲むと脂肪を効率良く燃焼することができるようです。

また、食事と一緒にとると食事で摂取した脂肪の吸収を抑制する効果も期待できます。

▶緑茶ダイエットの注意点

こちらも飲みすぎは胃に負担がかかるためNG。目安は多くても5杯です。

食事中は緑茶で食べ物を流し込むことがないようにしましょう。ゆっくり噛んで食べて、合間に緑茶を飲むようにしてください。

ダイエットのお供にしたいお茶5選!目的に合った選び方

2017.11.29

トマトジュース

飲み物ダイエット

トマトの美容効果は多くの女性が知るところです。

ジュースにすると手軽にダイエットが可能ということはご存知でしたか?

トマトの代名詞とも言えるリコピン。

お肌に良いことは知られていますが、実はリコピンには血糖値を下げる効果や代謝をアップさせる効果、血中コレステロール、中性脂肪を減らしてくれる効果も期待できるというから驚きです。

女性の味方とも言えるリコピン、実はトマトよりもトマトジュースの方が効率良くとれるんです!

▶トマトジュースダイエットのやり方・タイミング

1日1杯(200ミリリットル)の無塩トマトジュースを飲む。

塩はむくみ防止のため、我慢してくださいね。

トマトジュースは朝に飲みたいという方も多いでしょうが、トマトジュースダイエットのベストなタイミングは夜!

リコピンは成長ホルモンにはたらきかけると言われていますが、この成長ホルモンが分泌されるのが眠ってから3時間後とされているからです。

▶トマトジュースダイエットの注意点

市販で売っている無塩トマトジュースを飲むのが最も簡単ですが、自宅で作りたいというときはリコピン豊富な完熟トマトを用意しましょう。

炭酸水

飲み物ダイエット

最近、美容の世界でも大注目の炭酸。炭酸と名前のつくパックや洗顔料も登場していますが、炭酸を内側からとると、ダイエット効果も期待できます!

炭酸水を飲むと普通の水より満腹感を得られませんか?これは炭酸水の炭酸ガスが身体の中で膨張しているからだと言います。

また、炭酸は身体の中に取り入れるだけで二酸化炭素が血流へはたらきかけ、基礎代謝をアップしてくれると言われています。

ダイエット中は積極的に取り入れたい飲み物です。

▶炭酸水ダイエットのやり方・タイミング

食事の20~30分前に350~500ミリリットルの無糖炭酸水を飲む。

炭酸水の持つ満腹感を利用して、食べ過ぎを防止しましょう。

350ミリリットル以下だと逆に食欲を促進してしまうこともあるようなのである程度の量、350ミリリットル以上を目安に飲んでください。

▶炭酸水ダイエットの注意点

無糖の炭酸水=カロリー0の炭酸飲料ではありません。

炭酸ダイエットに用いるのは、炭酸のみが含まれているシンプルな炭酸水です。

味がなくて苦手という方は香料の入ったフレーバータイプを選んでください。

炭酸水を買う前には必ず原材料のところを確認して、糖類が入ってないか見てくださいね。

白湯

飲み物ダイエット

もはや美女は必ず飲んでいると言っても過言ではない白湯。

白湯は簡単に言えばお湯のことです。

白湯は胃腸のはたらきを高め消化を良くし、老廃物を排出してくれる効果が期待できます。

身体を温める効果は多くのところで言われている通り。身体の温度が1度上がるだけで基礎代謝もアップすると考えられますから、是非白湯を続け、何もしなくても消費されるカロリーである<基礎代謝>アップをはかりましょう!

▶白湯ダイエットのやり方・タイミング

まず白湯の作り方です。

  1. フタをしたやかんでお湯を沸かし、沸騰後フタを外して10~15分火にかけ続ける
  2. 適温になるまで冷ます

これを朝起きて1杯、そのあとは食事と一緒に飲んでください。

▶白湯ダイエットの注意点

白湯を作る際、早く冷ましたくてお水を入れたいところですが、お水を入れてしまうと不純物などが混ざり、10分以上沸騰させた意味がなくなってしまいます。

少し面倒に感じても、カップに入れておけば意外と早く飲める温度まで下がります。特に冬は想像以上に早く冷めますので、気を付けてくださいね。

【ダイエットの正しい知識】水はたくさん飲むべき?

2017.11.29

ルイボスティー

飲み物ダイエット

アンチエイジングや妊活、冷え解消にも効果があると言われており、美容への関心が高い方にとっては定番のお茶となっているのではないでしょうか?

あらゆる美容・健康効果があるルイボスティーには『SOD(スーパーオキシドジムスターゼ)』という成分が含まれており、このSODが体内の老廃物を排出し太りにくく、やせやすい身体を作ってくれると言われています。

また、ルイボスティーにはマグネシウムも豊富に含まれているため、便秘解消効果も期待できます。

▶ルイボスティーダイエットのやり方・タイミング

良く煮出したルイボスティーを1日2~3杯飲む。ルイボスティーは良く煮出して、成分をたっぷり取り入れられるようにしましょう。

▶ルイボスティーダイエットの注意点

カロリーもありませんし、副作用も少ないとされているお茶のため2~3杯以上飲んでも問題ないと考えられますが、マグネシウムの影響で人によってはお腹がゆるくなることもあるようです。

グリーンスムージー

飲み物ダイエット

ハリウッドセレブ・モデル・芸能人など多くの著名人が支持するグリーンスムージーダイエットは、主に体質改善を目的としたダイエットです。

グリーンスムージーは生の野菜や果物を一緒にミキサーにかけたものを言いますが、繊維などをこしたサラサラの野菜ジュースとは別ものです。

水分だけではなく、繊維などもすべて含みます。

野菜のビタミンやミネラルといった栄養だけではなく、食物繊維や生の野菜に豊富に含まれている酵素をとることができます。

便秘解消や代謝アップが期待できるのはもちろん、普段なかなかとれない野菜を効率よく取り入れることができるためダイエット以外にも健康・美容面で活躍できそうですね。

▶グリーンスムージーダイエットのやり方とタイミング

自分の好きな野菜・フルーツを水や豆乳と一緒にミキサーにかけて朝食に置き換えて飲む。

レシピはオリジナルでかまいませんが、ここでは代表的なレシピをご紹介します。

  • 水1カップ(300~400ml)
  • 小松菜(1/2束)
  • りんご(1/2個)
  • バナナ(1本)

材料を一緒にミキサーにかけるだけです。1杯150キロカロリー程度ですので、カロリーオーバーを心配することなく飲めますね。

▶グリーンスムージーダイエットの注意点

野菜はかぼちゃやニンジンといった炭水化物多めの野菜はできるだけ控えるか、少量にしましょう。

グリーンスムージーダイエットは体質改善も目的としていますから、やったりやらなかったりするのではなく可能な限り毎日継続してください。

今日からダイエットを始めよう♡

飲み物ダイエット

いかがでしたか?どれも手軽・すぐにはじめられるものばかりです。

飲み物ダイエットをきっかけに生活習慣改善も意識づけできるかもしれません。7つの中から自分が無理なく続けられそうなものを選んで、是非継続してくださいね。