【ダイエットの正しい知識】水はたくさん飲むべき?

ダイエット 水

食事制限を頑張っているのになかなかうまく体重が落ちないという方はもしかしたら水分が不足しているかもしれません。

わたしたちの身体は半分以上が水分です。

この水分が不足すると、身体のあらゆる器官に影響します。水を飲むことは生きること。

むくみがこわくて避けているという方もいらっしゃるかもしれません。

しかし水分量が少ないと逆にむくみを引き起こすことも。

水をダイエットの味方につけることができれば、健康的・キレイにダイエットができます!

Q.そもそも水って痩せるの?

水ダイエット

結論から申し上げますと、水が直接脂肪にはたらきかけることはありませんので、水を飲むことで痩せるというのは違います。

しかし水は0キロカロリー。

ジュースやお酒、お砂糖をたっぷり入れた紅茶やコーヒーとは違い、いくら飲んでも水が原因で身体に脂肪がつくことはありません。

また、冒頭でもお伝えした通り人間の身体は半分以上が水分です。

不足すると血のめぐりや新陳代謝が悪くなり、基礎代謝の低下をまねきます。

結果、ダイエットを頑張ってもなかなか体重が落ちないという事態や、むくみ、便秘を引き起こすのです。

つまり水を飲んで痩せるのではなく、水を適量飲むことで、身体の機能を正常に動かし代謝や血行を良くしてダイエットをスムーズに行う準備を整えることができるというわけです!

逆に言うと、水を避けると太る可能性が高いということですね。

ダイエットだけではなく健康・美容面でも水を飲むことはとても大切。しっかりお水を飲んで、体内環境を整えましょう。

Q.水はたくさん飲んだほうが痩せるの?

水ダイエット

水はたくさん飲めば良いというわけではありません。

適切な量を飲むことがベスト。

飲み過ぎはむくみや血中濃度が薄まる原因となり、近年よく聞かれるようになった水の飲み過ぎで起こる不調『水中毒』の心配があります。

飲み過ぎても不足してもダメ。まずはベストな適量を知りましょう!

Q.1日どのくらい飲めばいいの?

▶ダイエットにおける水の適量

水ダイエット

よく水は1日2リットル飲む、という漠然とした情報が出回っていますが、水の適量はその人の体重やライフスタイルによって変わります。

ダイエットにおいて水は体重の約4パーセント必要と言われています。

つまり、

  • 体重が60キロの人は2.4リットル
  • 体重が50キロの人は2リットル

ということになります。

しかしこれはあくまで平均的な生活における適量目安です。

運動量が多い方は汗をかく量が多いので、当然増えることになります。

例外的によく汗をかいた日やハードな運動をしている方はこちらの目安に頼らず、専門家の意見を参考に水分量を調整してください。

▶水を飲むタイミング

水ダイエット

いきなり大量の水を飲むのは難しいですし、ダイエットや健康の側面から見ても良いことではありません。

水はこまめにとることが大切です。

朝起きて1杯、食事の前に1杯ずつ、仕事の合間や休憩に何杯か、お風呂の前に1杯、寝る前に1杯。

何かする前にお水を1杯飲むということを意識すると良いかもしれません。

食事の前に水を飲むことは暴飲暴食を抑制できる効果も期待できます。

お腹が空いた!と食事へがっつく前に、まず水を飲んで落ち着かせてから箸をとるのも食べ過ぎ防止として良いでしょう。

▶水を飲む際の注意点

水ダイエット

水はできるだけ常温でとりましょう。

冷たいお水は身体を冷やし、血行不良やむくみの原因にもなりかねません。

また、前述した通り、飲みすぎはむくみだけではなく健康面でもおすすめできません。

自分の身体や運動量に合わせた適量をとりましょう。

「わたしはお水じゃなくてお茶を飲んでいるから大丈夫」という方も要注意です。

お茶は栄養成分もありノンカロリーでダイエットにおいて非常に心強い飲み物ですが、お茶には利尿効果があるものも多いです。

水分として留まらず身体がうまく水分量をたもてないこともあるようなので、お茶とお水は併用してくださいね。

Q.そんなにたくさん飲めないんだけど…

水ダイエット

慣れていない方にとってはこまめにとることでも難しく感じてしまうかもしれません。

そういった方は日常でとっている水分を水に置き換える工夫をしましょう。

食事中のお茶や仕事の合間に飲んでいるコーヒーを白湯にする、お茶の時間の紅茶を白湯に代えるなどすると細かいところで水分量を稼げます。

白湯にすることで口あたりも変わり、ゆっくり飲むことができるので、水を飲んでいるという感覚はありません。

少し気分を変えたいときや、一息入れたいとき、お腹が空いて間食したくなってしまったときにも白湯はおすすめです。

カップで白湯を飲むのは恥ずかしいという方は保温性のポットに入れていけば気になりません。

可愛いタンブラーなどを買って、ダイエットのモチベーションを上げるのも1つの方法かもしれませんね。

モチベーションや気分が落ちない工夫をしながら頑張りましょう!

水ダイエットは正しい知識から!

水ダイエット

水ダイエットは今日から、いえ今からでも行うことが可能です!

まずは自分の適量を知りましょう。そしてこまめにとることを意識して、習慣づけることを心掛けてください。

アクションをする前、気分をリセットしたいとき、リラックスしたいとき、間食したくなってしまったときなど。

体内環境だけではなく、リフレッシュ効果も期待できます。

普段からジュースや甘いカフェオレ、ミルクティーなどを飲むことが習慣化している方は、最初はつらいかもしれませんが、こういった方は体重やボディラインが変わってくるのも早いですので頑張り甲斐もあります。

身体の中の水を毎日キレイなものに入れ替えるつもりでしっかり水分をとり、健康的にダイエットを行いましょう。

♡カラダの中を綺麗にしたいなら♡

定期的なファスティングダイエットはやっぱり必要みたい…♡

2017.12.22

黒キクラゲにはダイエット効果が!?-26kgも夢じゃない♡

2017.11.29