あなたのメイク間違ってない?基本のやり方をマスターしよう♡

メイク 基本

メイク初心者の人、最近なんだかメイクがしっくりこないと思ってる人、もっとキレイになりたい人、集まれ~!!

メイクした顔が自分の顔だ!と思える人も多いくらい、女性にとってメイクは日常的。

なのにメイクのやり方はほとんど独学なので、間違ったメイクをしちゃっていたり・・・。

そんな人たちの為に、ここでは基本のメイクを詳しくご紹介していきます♡ぜひ参考にしてみてください♪

ベースメイクのやり方

メイク 基本 やり方

美肌を目指してスキンケアをばっちりしているにも関わらず、普段のベースメイクのコスメ選びややり方はなんとなくでやっていませんか?下地選びから順番まで、徹底解説していきます!

ベースメイクの順番

日焼け止めを使用するときは、スキンケアをしっかり済ませた後1番最初に塗ります。

その後の手順としては、

  1. 化粧下地
  2. コントロールカラー
  3. ファンデーション
  4. コンシーラー
  5. フェイスパウダー

パウダリーファンデーションを使用する場合は、コンシーラーを先に使う事でヨレ知らずに。

コントロールカラーを使用しなくてもベースメイクは完成します。

しかし、コントロールカラーは、顔色をパッと明るくしてくれたり、しみやくすみもカバーせてくれます。

ファンデーションの発色もよくなるので、いつもより1ランク上のベースメイクが完成しますよ♡

化粧下地の選び方と塗り方

メイク 基本 やり方

ベースメイクの土台となる化粧下地。

下地選びは、お肌の悩みや状態に合ったカラーをチョイスするのがカギです!

クマ、くすみ、たるみ・・・オレンジ
ニキビ跡、赤ら顔・・・グリーン
顔色が悪い、疲れが肌に出る・・・ピンク
つや、透明感がほしい・・・パープル

化粧下地の塗り方は、手の甲にまずパール粒大の量をとり、人差し指と中指で馴染ませます。

両頬、おでこ、鼻、顎に下地を乗せたら、人差し指、中指、薬指で、中心から外側へと伸ばしていきます。

メイクのよれやすい目元や小鼻は薄めに塗るのがポイント!

乾いたことを確認して、コントロールカラーを塗っていきます。

コントロールカラーは、指に少しずつとり、ポンポンと馴染ませるように塗りましょう。

くまや小鼻のきわ、口角にのせていきます♪

ファンデーションの選び方

メイク 基本 やり方

ファンデーションは、お肌のタイプで選びましょう!

乾燥肌・・・リキッドファンデーション、クリームファンデーション
オイリー肌・・・パウダーファンデーション

また、マットな肌が好みの人はマットタイプを選び、ツヤ感が好みの人はクッションファンデーションを選びましょう。

パウダーファンデーションを使う方は、上記の手順の<ファンデーション>の部分を省き、コンシーラーを塗った後に使用してくださいね♪

続いては色の選び方!

色を確認するときは、顎から耳にむけて指4本分、口角の延長線真下の部分につけて見るようにしましょう。

首との境界線が自然になり、白浮きなども防げますよ♪

ファンデーションの塗り方

メイク 基本 やり方

リキッドファンデーションの塗り方は化粧下地の塗り方と同様。

人差し指と中指で馴染ませ、リキッドファンデーションを柔らかくした後、両頬、おでこ、鼻、顎に乗せ、人差し指、中指、薬指で中心から外側へと伸ばしていきます。

リキッドファンデーションは、こするように塗るのではなく、トントンと押し込むように塗りましょう。

自分の肌になじんでくれます。目元や小鼻、口元は指1本で丁寧に♪

ヨレを防ぐことができます!

パウダーファンデーションは、頬などカバーしたい部分から多いところから塗り、鼻からおでこや顎にかけて滑らすように塗ることで肌への摩擦を軽減します。

抑え込むように塗るのも◎。

目の周りや小鼻などの細かい部分は、重ねるとヨレの原因に…。

スポンジに残ったファンデーションで塗っていきましょう♡

ヨレ知らずの美肌メイクが出来ましたね♪

アイブロウメイクのやり方

メイク 基本 やり方

美人は眉毛で決まるといっても過言ではないパーツ。

毎年トレンドがあり、メイクでは重要パーツです。

ここでは誰もが整った顔に見える基本となる「美人眉」の黄金比と描き方をご紹介します!

眉毛の黄金比

眉頭・・・小鼻の付け根から延長線上
眉山・・・小鼻から黒目の外側の延長線上
眉尻・・・小鼻と目尻の延長線上

このポイントを押さえるとバランスのとれた美人眉になります。

眉毛の描き方

メイク 基本 やり方

きれいな美人眉を描くために必要なものは、アイブロウペンシル、アイブロウパウダー、眉マスカラ、眉毛専用コーム。アイブロウや眉マスカラの色の選び方は、ヘアカラーに合わせるのが◎。

黒髪・・・ダークブラウン
アッシュ系・・・アッシュ系のブラウン
レッド系・・・レッド系のブラウン
ライトブラウン・・・イエローベース、ゴールド系のブラウン

メイクの雰囲気やイメージに合わせるのもいいですね。

描き方の手順は、

  1. 眉毛専用コームで眉毛の毛の流れを整える。
  2. 眉毛の輪郭を決め、描いていく。眉毛が薄い部分やない部分に1本1本毛を書き足すように。
  3. アイブロウパウダーで全体的に眉毛を描く。最初は眉山から眉尻に向かって描きましょう。眉頭が濃くなると違和感が出てしまうので、眉頭は最後に少し薄めのアイブロウパウダーで整えます。
  4. 眉マスカラを塗る。まずは毛の流れと逆方向に。そのあと毛の流れに沿って、毛並みを整えるように。
  5. 最後に専用コームで整えれば出来上がり♡自然な美人眉が完成です♪

アイメイクのやり方

メイク 基本 やり方

必要なもの・・・アイシャドウ、アイライナー、マスカラ、ビューラー

アイシャドーの色の選び方としては、自分お肌に合った色を選ぶこと、なりたいイメージに合わすことが重要です。

イエローベースの肌の人は、ベージュやブラウン、ゴールドやグリーンが似合います。

ブルーベースの肌に人は、ダークブラウン、シルバーやボルドー、パープルなどがオススメです。

アイメイクの手順

メイク 基本 やり方
  1. ハイライトカラーをブラシでとり、手の甲で余分な粉を落とす。
  2. アイホール全体に広く、ハイライトカラーをのせてまぶたに明るさをプラス。
  3. 二重幅にミディアムカラーをのせる。瞼に対して横に塗り、アイホールに向かって縦に軽く馴染ませる。
  4. メインカラーを目の際にチップで細く塗る。
  5. ハイライトカラーを目頭、下瞼に塗る。
    ※目尻3分の1くらいまでミディアムカラーかメインカラーをのせると、デカ目効果
  6. アイラインをまつ毛の隙間を埋めていくように引く。
    ※一気に引かず、少しづつ小刻みに引いていくと失敗が少なくなりますよ。
  7. マスカラを塗り、ビューラーであげる。
    ※マスカラは目尻から目頭に。目尻には少し濃く重ね塗りを。
    下まつげは塗りにくい場合、マスカラを縦に使うと◎

鏡を見ながらアイシャドーの濃さや塗り方を確認しながらやってみてくださいね。

アイラインは、ペンシルタイプ、ジェルタイプ、リキッドタイプがあります。

ペンシルタイプは自然で柔らかい雰囲気に。馴染みやすく失敗しにくいので初心者さんはペンシルタイプがオススメです。

ジェルタイプはペンシルとリキッドの中間。

ぼかしやすく、落ちにくいのが特リキッドタイプはくっきりとしたアイラインが仕上がります。

目元を強調したい人はオススメです。

また、色もブラウンとブラックがあります。ブラウンはやわらかく優しい印象に。

目元や黒目をはっきりさせたい人はブラックを使いましょう。

マスカラにもロングタイプやボリュームタイプなどの種類があるので、自分に合ったものを選んで下さいね♪

チーク・ハイライト・シェーディングのやり方

メイク 基本 やり方

いよいよメイクの仕上げ段階に入っていきます。

骨格補正をチーク、ハイライト、シェーディングで行い、スッキリ小顔を演出しましょう!

チークの選び方と塗り方

イエローベースの人・・・コーラル、サーモン、シェル系のピンク
ブルーベースの人・・・ローズ、ベリー、ベビー系のピンク

塗り方の手順は、

  1. チークブラシにチークをとり、手の甲にのせ余分な粉を調節。
  2. 1番濃く見せたい部分にのせて、外側へ、くるくると回しながらブラシを動かす。

チークのブラシはボリュームのある丸筆を使うのがオススメ!自然で血色のいいキレイなチークを表現できます。

ハイライト・シェーディングの入れ方

メイク 基本 やり方

ハイライトやシェーディングには、パウダータイプとクリームタイプがあります。

今回説明するのはパウダータイプ。どの部分にも適していて使いやすいので、初心者さんにもオススメです。

シェーディング・ハイライトの入れ方

  1. シェーディングを手に取り、手の甲で余分な粉を調節。
  2. こめかみからエラに向かって、やさしく軽くブラシを動かす。
  3. 髪の生え際、顎周りのフェイスラインにもいれる。
  4. 鼻をスッキリと見せたい人は、細めのブラシで鼻筋、小鼻の横、鼻上の先端にも入れる。
  5. Tゾーンにハイライトを入れる。鼻筋は細めのブラシを使う。
  6. 顎先と頬の高い位置にいれる。顎先は逆三角形に。顎がシャープに、頬にはリフトアップ効果が生まれます。
    影と光をのせることで、顔の余白が少なくなったかのように錯覚効果が。小顔へと変身しますよ♡

リップメイクのやり方

メイク 基本 やり方

リップメイクをする上で重要なポイント。

まず、保湿系のリップクリームを塗り、唇の縦じわを緩和させます。

リップクリームが乾いたら、ベースメイクをする時に使ったパウダーファンデーションを唇にも軽くたたきましょう。

口紅本来の発色を出せるよになるほか、パウダーファンデーションの皮脂の吸着成分効果で、口紅やグロスのもちが良くなります。

口紅とリップグロスの塗り方

  1. 口を軽く開け、口紅を口角から中央に向かってすべらせる。反対側も同じように。
  2. 下唇も口角から中央へ。終わったら、上下の唇を合わせて馴染ませる。
  3. リップグロスをブラシに取り、下唇の中心部分にたっぷりのせる。
  4. ブラシを左右に動かし、両端に伸ばしていく。
  5. 上唇も同様、中心部分にのさたら左右に伸ばしていく。

リップグロスを中心にのせることで真ん中はぷっくりとした印象に、口角に向かって徐々に薄くなることで、口角が上がって見えますよ♪

メイクのやり方は大切です♡

メイク 基本 やり方

基本をしっかりおさえてマスターすれば、もっともっと素敵になること間違いなし!

ワンランク上の自分になりましょう♡

♡こちらの記事もおすすめです♡

メイクの収納ってどうしてる?メイクマニアから収納術を学ぼう♡

2017.12.05

メイク初心者にとって最低限必要な情報はこれだけ♡

2017.11.30