漢方ダイエット!?実は漢方を飲んでいるダイエッターがいるんです!

ダイエット 漢方

食生活に気を付け、運動も毎日しているのに思うように体重が減らない・ボディラインが変わらないと悩んでいる方におすすめしたいのが漢方ダイエットです。

忠実にダイエットを行っているのにうまくいかないという方は、ダイエット方法ではなく自身の体質に問題があるのかもしれません。

むくみやすい・慢性的な便秘に悩んでいるということはありませんか?

効率よくダイエットを行うためには、こういった体質を改善する必要があります。そこで役立つのが漢方の考え方、漢方薬です

。今回は漢方ダイエットの解説、体質別おすすめの漢方薬、効果的に飲むコツなどをピックアップしました!

漢方のイメージって?

漢方のイメージで大きなものは「苦い」ではないでしょうか?

他には「中国由来のものなので日本人には向いていないのでは?」という声。

また、漢方薬局はなんとなく普通の薬局とは違い、入りにくいと感じている方もいらっしゃるかもしれません。

決して身近なものは言い辛いので、漢方は難しい・中国の薬学・取り入れにくいと思っている方が多いのは仕方ないでしょう。

しかしこの漢方、実は中国の薬学・医学を参考にし日本独自にアレンジされた日本製・日本人向けのものなのです。

そもそも漢方とは、医学医薬の考え方を指すものです。

わたしたちがイメージするのは、この考えを元に、自然由来の生薬を組み合わせて作られた医薬品である漢方薬のこと。

簡単に説明すると……

  • 考え方=漢方
  • 漢方の考え方を元に生み出された医薬品=漢方薬

ということになります。漢方薬は医薬品ですが、病気の方が服用するとは限りません。

便秘やむくみ、冷え症など慢性的な不調に悩んでいる方も服用することができます。

西洋薬とは違い、副作用もほとんどないと言われ安全性の評価も高い漢方薬。

不調だけではなく、キレイになりたい・痩せたい方にもおすすめできます。

漢方薬をダイエットに役立てることは……可能です!

漢方はダイエットにピッタリ!?

漢方 ダイエット

漢方の考え方から生み出された医薬品である漢方薬は、症状に直接働きかける薬……いわゆる西洋薬とは違い「体質改善から健康になる」という考え方から生み出されたものです。

わたしたちの身体は不規則な生活や偏った食事でうまくバランスを保てなくなり、免疫力の低下や便秘や、高血圧などの不調を訴えることがあります。

こういった体内環境が悪循環を生みだし、肥満や病気につながっていく可能性が高いのです。

漢方では、肥満のタイプは主に3つあると考えられているようです。

血行不良タイプ

いわゆる血のめぐりが悪いために、老廃物が溜まり、ダイエットに重要な代謝が落ち込むという方です。

肩こりのひどい方や手足が冷える方、便秘がちな方はこちらに当てはまるかもしれません。

水タイプ

身体に水を溜めこむタイプです。

こちらはむくむことで、血の流れを妨げ、脂肪がつきやすくなると言われています。

すぐ喉が渇くという方、下半身が太い方、汗かっきなのにトイレの回数が少ないという方はこちらに当てはまる可能性が高いです。

堅太りタイプ

暴飲暴食や日々の食生活に問題が多い方はこちら。

つい食べ過ぎてしまう・お酒をよく飲むという方はこのタイプでしょう。

脂肪や老廃物がたまり、肥満を悪化させてしまいます。太鼓腹、便秘がちということに当てはまる方も堅太りタイプを疑ってください。

痩せやすい体質を目指せる漢方3選!

漢方 ダイエット

血行不良タイプにはこちら!

・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

1ヵ月価格帯:3000円~5000円

6種類の生薬が含まれている当帰芍薬散は、血行不良に悩む方におすすめできる漢方薬です。

生理痛、冷え症・便秘など女性特有の不調などにもよく処方されるようです。

水太りタイプはこちら!

・防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)

1ヵ月価格帯:3000円~5000円

少し難しい名前の防己黄耆湯は、身体に溜まりがちな水分や老廃物を排出してくれる効果が期待できる漢方薬

6種類の生薬が水分代謝をスムーズにしてくれると言われています。

・防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

1ヵ月価格帯:4000円~5000円

CMなどで名前だけ聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

痩せ薬ともいわれ、ダイエットに効く漢方薬としてこちらをイメージした方も多いはずです。

身体に溜まった脂肪を燃焼しやすくし、暴飲暴食によって悪くなった血の巡り、便秘なども解消してくると言われています。

漢方をより効果的に飲むには?

漢方 ダイエット

体質別におすすめの漢方薬をご紹介した通り、漢方薬は自分の体質に合ったものを選ぶ必要があります。

漢方薬は医薬品ですので、効果・効能の他、服用するのに適した症状や体質も記載しています。

よく確認し自分に合ったものを選びましょう。また、服用のタイミングもしっかり記載されています。

多くは食前・食間です。食前は字の通り食事の前ですが、食間で迷われる方も多いでしょう。食間とは食事と食事の間です。

食事の最中ではないので要注意ですよ。空腹時と覚えておくのが良いかもしれません。

あくまで一般的な服用方法です。当然ですが、記載された服用方法・服用のタイミングを守ってくださいね。

絶対に守っていただきたいのは、漢方薬を服用する際は必ず水か白湯を用いること。

ジュースやお茶などは他の成分が邪魔をして、成分がうまくはたらかなくなることが心配されます。

健康的な体を目指すなら漢方がいいかも!

漢方 ダイエット

漢方薬を体質改善に役立てて、健康的にダイエットを行いましょう!

漢方薬は健康・ダイエットだけではなく、女性特有の悩みの解消やキレイも叶えてくれるかもしれません。

用量・用法を守って正しく用いてくださいね。副作用はほとんどないとされていますが、体質によっては副作用が出る場合もあるようです。

また、当然ですが妊娠中の方や他の薬を服用している方は医師に相談してください。

漢方薬は自然由来ですがあくまで医薬品ということを忘れずに利用しましょう。