まだオイル使ってないの!?オイルが導くのは美肌だけじゃない♡

スキンケア オイル

みなさん、この時期の乾燥対策はどうしていますか?

冬は乾燥がつらい!カサカサと体中が痒くなりますよね。

肌の水分がなくなると、シワやたるみ、ほうれい線の目立ちの原因になってしまいます。

そんな冬のカサカサ肌に朗報!オイルが乾燥した肌を助けてくれるんです。

スキンケアにもヘアケアにも便利ななオイルの知られざる効果を知ると、今まで使ったことのない人も、今もう使っている人も、ますます念入りにオイルの力を借りてメンテナンスをしたくなるはず。

カサカサ肌や乾燥にさよなら!

天然由来の良質オイルで全身をケアしましょ!

やっぱり冬はオイルがいいの?

オイル 種類

乾燥のピークを迎えるこの時期は誰もが、携帯用の化粧水スプレーや、クリームを持ち歩き、夜にはフェイスパックの回数を増やしたりと乾燥対策に躍起になっていますよね。

この時期のケアは本当に重要、そこで冬のマストアイテムとしてオイルをオススメします。

良質なオイルの中には人の皮脂の性質と近く肌に馴染みやすく、冬の乾燥による水分蒸発を防ぐ役割もしてくれるものもあります。

皮脂の過剰分泌を抑えて肌のバランスを整えてくれるのに役立つオイルはまさに冬の救世主と言えるでしょう。

乾燥肌の持ち主にとって必要不可欠なのはもちろん、脂性肌の人にとっても、皮脂バランスを抑え、肌の水分量を安定させてくれるのでどんな肌質の人にも馴染みやすいオイルは冬のマストアイテムですね。

オイルはこんな人におすすめ♡

オイル 種類

乾燥肌の人に一番オススメの使い方は、朝晩のお手入れの最後にオイルを塗って、潤いを閉じ込める方法。

また、逆に洗顔後にスキンケア前にブースターとしてオイルを塗ることでその後の化粧水や美容液の浸透がよりよくなることにもなります。

オールインワンゲルや化粧水だけでケアしている人もオイルをほんの一滴たらすだけで随分結果が変わります。

また、脂性肌の人はオイルをつけすぎると顔がテカテカして嫌っという人は美容液にほんの一滴ほど混ぜて使うことをオススメします。

肌がより柔らかくしっとりした仕上がりになりますよ。

ですが、注意点としてオイルだけを使用してスキンケアするのは逆効果。

オイル自体には保湿効果が含まれていないので、オイルだけでスキンケアを終わらせると逆に乾燥を引き起こします。

ですからスキンケアと組み合わせて使用することによってオイルの良い点を最大限に発揮できるんですね。

人気オイル5選♡

オイル 種類

ホホバオイル

オイル 種類

もっとも刺激が少ないオイルとして人気が高いホホバ。

カリフォルニアやメキシコに生息するホホバの植物の種子から抽出したこちらのオイルは、人間の皮脂と似ていて高い浸透力と保湿力で肌のターンオーバーを整え美肌へと導きます。

ビタミンEやアミノ酸、ミネラルも豊富なことから、酸化しにくく保存に効くのも特徴です。

スクワランオイル

オイル 種類

無色透明、肌への刺激が少なく赤ちゃんの肌にも安心して使えるスクワランは、哺乳類や植物から抽出された「スクワレン」を水素添加させて作った成分。

スクワレンはもともと、人の体内にも存在する潤い成分なので肌にとっても馴染みやすく、優れた浸透作用を発揮します。

皮脂膜の代わりに乾燥や肌荒れから肌をバリアし、潤い不足によるキメの乱れや毛穴の開き目立ちを予防する効果があります。

馬油

オイル 種類

馬のたてがみや、お腹の脂肪から抽出した馬油。昔から火傷や切り傷などの民間治療薬として使われてきただけあって、強力な浸透力と抗炎症作用が特徴です。

優れた浸透作用により、肌のキメを整え毛穴を見えにくく艶やかで透明感ある肌へと導きます。

また、血行促進効果もあるので、冬の青白く寒々しい肌も馬油マッサージすることで顔色をよくし、ターンオーバーの働きも良くしてくれます。

アルガンオイル

オイル 種類

モロッコのアルガンツリーの実から抽出された別名「生命の実」のオイル。

リノール酸やオレイン酸などの美容成分が豊富に含まれていて角質層のすみずみまで浸透し、キメの整った潤い肌へと導いてくれます。

特に、化粧水前のブースター変わりに使えば、その後のスキンケアの潤い成分をギュギュッと抱え込んでもっちりハリのある美しい肌へと導いてくれます。

椿油

オイル 種類

椿油は完熟したヤブ椿の種子から抽出されるオイル。

肌をより柔らかくするオレイン酸が豊富に配合され、乾燥や加齢硬くなった肌を柔らかくするアンチエイジング効果も期待できます。

殺菌作用のサポニンにより、雑菌による肌の炎症から守ってくれる作用もあります。

毛穴の老廃物を浮かせ取り除くことができるので、吹き出物やアトピー肌にもオススメ。

オイルは全身に使える♪

オイル 種類

オイルは顔だけじゃないんです。

フェイシャル用はもちろん、髪や体、全身に使えます。

お風呂上がりの肌はまさに喉がカラカラな乾燥状態。

そこにオイルを数滴のばせてクルクルマッサージすればすべすべ、むくみのない潤いのある肌に。特にオススメなのがまだ水滴が肌に付いている状態でオイルを馴染ませ、タオルでそっと拭き取る方法。

残った水分のおかげで、肌全体にまんべんなくオイルが広がり、ハリのあるしっとり肌にしてくれます。

また、入浴後、タオルドライした髪に2、3滴ほどのばしてなじませれば、しっとりまとまったツヤのある髪に。

スペシャルケアとしてオイルをつけて頭皮をマッサージすれば頭皮の毛穴の詰まった汚れや皮脂を浮かせて取り除いてくれます。

髪、顔、体に使う際のオススメの使い方等を紹介してください。

冬はオイルで乗り切ろう♡

オイル 種類

冬のつよーい味方のオイルたち。

いつものスキンケアにプラスして肌に潤いと艶を取り入れましょう。

そうすればきっと、乾燥しらずのきめ細やかな肌でそっと触られたくなる肌になれるはず!