肌の糖化が肌トラブルを招く!?今すぐ対策を始めましょう♡

肌 糖化

「スキンケアには気を使っているのに肌がくすんで透明感がない」
「最近肌がたるんでシワができた」
「紫外線対策をしているのにシミが増えた」

これらの悩みの原因は「肌の糖化」かもしれません!

手遅れになる前に「肌の糖化」を防いで、透明感あふれるキメ細やかな美肌を手に入れましょう♪

肌の糖化って何?

肌 糖化

肌の糖化とは「肌がコゲる」ことです。

糖化は老化の大きな原因の1つで、余分な糖が体内のタンパク質と結びつき、細胞を老化させます。

ホットケーキを作るとき、こんがりと焼けて茶色くなっていきますよね。

これはホットケーキの材料の「砂糖」と卵や牛乳の「タンパク質」が結びつくことで、茶色い「コゲ」に変色しているのです。

この「コゲ」が私たちの肌でも起こっています…!

肌が糖化すると、肌のハリや弾力を保っているコラーゲン繊維が破壊されてしまいます。

そして、透明なコラーゲンが糖化によって茶色く変色すると、肌がくすんで透明感がなくなってしまうのです。

糖化がもたらす害はコラーゲンの破壊だけではありません。

肌の真皮層には、コラーゲン同士をつないでいるタンパク質のエラスチンがあります。

糖化によってエラスチンも変色し、機能を失ってしまいます。

エラスチンが失われるとコラーゲン同士をつなぐことが出来ず、肌のハリや弾力が失われ、たるみやシワができてしまうのです。

また、糖化は真皮層だけでなく表皮でも起こります。

表皮の角層はタンパク質のケラチンを含んでいますが、ケラチンが糖化し茶色く変色すると、肌の表面の角層が黄ばみ、肌がくすんで見えてしまうのです…。

角層の糖化は肌のくすみだけでなく、肌の保水機能も低下させます。

肌の水分保持が低下すると、ごわついたキメの粗い乾燥肌になってしまうのです。

肌の糖化を対策するのは内側から!

肌 糖化

糖化は体内で余分な糖とタンパク質が結びついておこっています。

なので、いくらスキンケアで外側からのケアを頑張っても防ぐことが出来ません。

体内で起こっている糖化は、体の内側からのケアで対策しましょう♪

肌の糖化を対策!①糖の過剰摂取を控えよう!

肌 糖化

糖化の最大の原因は「糖の摂りすぎ」です。

糖は私たちが生きていくために欠かせないものですが、過剰摂取は肌を老化させます。

甘いケーキやお菓子を食べすぎてはいませんか?甘いものだけでなく、ごはんやパン、麺類などの炭水化物の摂りすぎも糖化の原因となります。

また、ケーキやお菓子、清涼飲料水は糖化だけでなく様々な肌トラブルの原因になります。

糖化を防いで透明感あふれる美肌になるためには、まず自分の食生活を見直し、糖を摂りすぎていないかチェックしてみましょう。

肌の糖化を対策!②食べる順番を意識しよう!

糖化を防ぐために糖は控えるべきですが、ごはんやパンなどの炭水化物は私たちのエネルギー源で必要なものです。

甘いケーキやお菓子も我慢して全く食べないのはつらいですよね。

そんなときは食べる順番を意識してみましょう。

食事はごはんやパンから食べていませんか?

ごはんやパンなどの炭水化物から食べると、血糖値が一気に上昇し糖化しやすくなってしまうのです!

食事の時は野菜や海藻、キノコなどの食物繊維を多く含むものをはじめに食べることで、血糖値の急な上昇と糖質の吸収を抑えてくれます。

また、野菜などをはじめに食べることで食べすぎも防止できますね♪

GI値という言葉を聞いたことはあるはず!

GI値とは血糖値の上昇する割合を数値化したもの。

このGI値が高い食品ほど血糖値が上昇しやすく、GI値の低い食品ほどGI値が上がりにくくなっています。

食品のGI値リスト

肌 糖化

 

★低GI値
(49以下)
パスタ(全粒粉)、玄米がゆ、野菜(ピーマン、トマト、タマネギ、キャベツ、ダイコン、ブロッコリー、ナス、ホウレンソウ、モヤシ、レタス、ネギなど)、果物(ミカン、リンゴ、イチゴ、モモ、レモンなど)、魚類(マグロ、カツオ、サバ、アジ、イワシ、タコ、イカ、あさり、しじみ など)、肉類(牛肉:ロース、ヒレ、モモ、サーロイン 豚肉:ロース、モモ 鶏肉:モモ、ムネ、レバー)、キノコ(シメジ、エリンギ、しいたけ、えのきだけ、なめこ なdp)、海藻類(ワカメ、ひじき、昆布など)、卵、牛乳、プレーンヨーグルト、バター、プロセスチーズ など
★中GI値
(50~79)
玄米、胚芽精米、そば、おかゆ、クロワッサン、カボチャ、さつまいも、里芋、山芋、トウモロコシ、バナナ、スイカ、パイナップル、ウニ、かまぼこ、さつま揚げ、ちくわ、牛レバー、ベーコン、焼き豚 など
★高GI値
(80以上)
精白米、餅、うどん、食パン、フランスパン、ジャガイモ、ニンジン、チョコレート、ケーキ、ドーナツ、ホットケーキ など

野菜の中でもGI値の高いものと低いものがあるなんて驚きですよね。

高GI値の欄にある食べ物を多く摂取していたらなるべく控えるか、食べる前に野菜や海藻などの低GI値食品を先に食べて血糖値の急激な上昇を防ぎましょう!

また、調理法でも糖化を起こりにくくすることができます。

糖化はコゲなので揚げたり焼いたりするより、煮たり蒸す調理法がおすすめです。

肌の糖化を対策!③抗糖化食品を積極的に摂ろう!

肌 糖化

抗糖化作用のある食品は血糖値の上昇を防ぐだけでなく、糖化によって蓄積される老廃物を排出する作用があります。

抗糖化作用のある食品

  • 食物繊維を含む食品
    (キャベツ、ホウレンソウ、ショウガ、ニンニク、アーモンド、リンゴ、柑橘類など)
  • ドクダミ茶
  • ルイボスティー
  • カモミールティー
  • ウーロン茶
  • プーアル茶
  • 緑茶

抗糖化作用のあるお茶を日常的に飲むことで糖化を防ぐことが出来ます。

お茶は食後よりも食前に飲むことで、より高い抗糖化が期待できます。

肌の糖化は対策しておこう♡

肌 糖化

くすみやシワなどの老化の原因となる糖化は食生活を見直すだけで防ぐことが出来ます。

  • 糖の過剰摂取を控える
  • GI値と食べる順番を意識する
  • 抗糖化作用のある食品を食べる

手遅れになる前に、これらのことに気を付けて透明感あふれる美肌を手に入れましょう♪

インナーケアの方法はたくさん♡
こちらもご覧ください♪

糖化にビタミンが効果的!?おすすめの食材をご紹介します!

2018.09.03

糖化の原因はコラーゲン?このままだと肌老化がスピードUP!?

2018.08.27