バストケアのための5つの習慣!ハリのある魅力的なバストに♡

みなさんは、自分のバストに満足していますか?

形や大きさに加えてハリがある、プルンっとしたバストは洋服の上から見てもスタイル良く見えますよね。

逆に、垂れていたり、形が左右違ったりするとちょっと不恰好なスタイルに見えてしまいます。

今はコートやダウンで隠せても、暖かくなってきたらそうはいきません。

それで今回は、冬の間にバストの春支度!

毎日の習慣で魅力的なバストになるバストケア 習慣をお伝えします。

意外とバストの形に悩んでる女性は多い?

バストケア 習慣化

女性の美しさの象徴とも言え「バスト」ですが、自分のバストに自信を持っている人はそう多くはありません。

年齢や生活習慣が変わるにつれてバストも変化していきます。

女性は20代を過ぎると、出産や授乳により、また年齢が上がるにつれて全身の肉も重力で落ちていき垂れ乳の原因に。

20代まではハリのあるバストの徐々にボリュームがなくなってしまったなんて悩みは多くの女性が共感できるのではないでしょうか?

また、人生の3分の1とも言われる睡眠時間の悪習慣もバストの形を崩す大きな原因となっています。

「年齢だから仕方ない?」そんなことは決してありません!

今からでも、毎日の習慣を少し変えるだけで魅力的なバストを取り戻すことができるのです。

理想のバストの条件って?

バストケア 習慣化

世の女性が「美バスト」だと思うポイントってなんでしょうか?

お椀型のまんまるな胸の形

ただ、大きいだけでなく、プルンっとしたお椀型でハリがある、上を向いたバストは女性にとって魅力的なようです。

バランスの良さ

大きすぎても太って見えるし、形が良くても小さければ格好良くは見えません。

また、綺麗なS字ラインが体全体で出来るようなヒップと同じくらいの大きさならなお良いみたい!

美バストのためには、大きさも欲しいですが、形もバランスも重要のようですね♪

重力に負けていない

上にツンと向いたキレイなバストは、重力に負けていないことの証拠。

この形をキープするためには胸回りの筋肉を鍛えて、重力に負けない体作りが必要のようです。

触った時の弾力性

触り心地も大切。マシュマロみたいに柔らかくて、押すと跳ね返ってくるような弾力はふっくらとしたハリのあるバストの象徴。

男女共に、美バストの条件としてあげる人が多いので重要ポイントなのもうなずけます。

肌質

理想のバストに共通しているのは、肌の美しさ。

滑らかで透明感がある肌は美バストの条件。

逆に乾燥していたり、ニキビなどの肌トラブルを抱えたバストは決して美しいとは言えません。

5つの習慣で美バストキープ♡

美乳を育てるために欠かせないのは、女性ホルモンの分泌を活発にして、胸周りの新陳代謝、血流、リンパの流れを良くすること。

そのために必要な毎日の習慣でできる5つの方法をお伝えします。

バストマッサージ

バストケア 習慣化

女性ホルモンの分泌を活発にするためにはバストマッサージが欠かせません。

それは、マッサージをする事で美バストを育てる女性ホルモンや栄養を乳腺にしっかり届け血流を良くすることがバストのハリアップに繋がるから!

特に入浴中や入浴後血行が良くなっているのでオイルやクリームを使ってマッサージをしましょう♪

バストの下側やデコルテは下から上へ、バストの上側は内側から外側で優しくマッサージしてくださいね。

姿勢改善、肩甲骨を意識する

バストケア 習慣化

猫背になったりデスクワークで前屈みになりがちの姿勢は、美バストの大敵。

姿勢が悪いとバストは垂れ下がってしまいます。

常に背筋を伸ばし、胸を張るような姿勢を意識しましょう。

また、肩甲骨には特に意識してみてください。

肩甲骨周りが硬いと、胸周りや背中の筋肉が落ちて、バストの垂れる原因になります。

肩甲骨周りをほぐすストレッチを日常的に行うとバストアップし、余分な肉が落ちてキレイな形になりますよ♡

入浴と質の良い睡眠

バストケア 習慣化

体を冷やすと、全身の血行が悪くなり胸周りの血流も悪くなります。

血流が悪くなると、ハリがないバストになってしまうのでご注意を。

そのためには、肩までしっかりとお湯に浸かってお風呂に入ることが重要です。

時間がないとか、暑いからとシャワーですませる習慣は美バストから程遠くなります。

また、寝不足や寝る時間が遅いのもよくありません。

それは睡眠中に女性ホルモンが正常に分泌され、バストアップに欠かせない乳腺を刺激するから。

それが睡眠時間が短かったり不規則な睡眠は女性ホルモンの分泌を妨げてしまうので、しっかりと22〜2時のゴールデンタイムには眠るようにしましょう。

ナイトブラ

バストケア 習慣化

最近人気が出始めているナイトブラ も美しいバストを作り、キープするためには欠かせません。

ナイトブラとは、寝た状態で着用することを想定して作られた就寝時専用ブラジャーのこと。

人は仰向けで寝ると脂肪が横に垂れ下がりバストの形を崩してしまいます。

また、バストを支えるクーパー靭帯が切れたり傷つくと、この靭帯は元に再生せず、そのまま伸びきった状態で止まります。

これが垂れバストの大きな原因に。

それをナイトブラは、脂肪を胸に定着させることによりバストの形をキープし、クーパー靭帯を守ります。

眠っている間の締め付け感は感じない設計でリラックスして眠ることができます。

食事法やサプリメント

バストケア 習慣化

美バストを作り、キープするために、エクササイズやマッサージに加え、毎日の食生活も非常に重要です。

3食のバランスのとれた食事に加え、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンをしっかりと取り入れましょう。

大豆や納豆、豆腐や豆乳、枝豆やグリンピースがイソフラボンが豊富おすすめです。

また、ミネラル豊富な海藻やアボガド、ビタミンやアミノ酸が含まれるマグロやうなぎ、牡蠣も積極的に取り入れればバストケアに効果があります♡

また、毎日の食事で充分取り入れることが難しい人は、サプリメントに頼ることも。

大豆に含まれるイソフラボンが多く含まれている、プエラリアやプラセンタは古くから美容と健康に良いと愛飲されてきました。

これらのサプリメント摂取もバストケアをする上で取り入れてみてはいかが?

妊婦さん注意!妊娠中のバストケア

バストケア 習慣化

妊娠中のバストマッサージについてはお医者さんに相談してから始めてください。

特に妊娠初期から中期はお母さんの体もホルモンバランスもデリケートなので、胸に余計な刺激を与え、逆にダメージを与えることも。

加えて乳腺を傷つけて母乳に影響が出ることもあるのでご注意を。

サプリメントの使用もホルモンバランスを乱すこともあるので特に気をつけてください。

基本的にお医者さんからの許可がない場合はバストケアマッサージは行わないようにしましょう!

毎日のバストケアでスタイル良く着こなそう♡

バストケア 習慣化

今からでも、魅力的なバストになるための5つの習慣に気をつけて生活すれば魅力的なバストを作るのに遅いことはありません。

ぜひ、やわらかなふんわりバストを作りつつ、美バストを保つ習慣を身につけて、女性らしい美しいバストをキープしましょう♡

Beauty Collectionは、LINE@でも情報をお届けしています!
友だち登録をして、最新情報を誰よりも早くGET♡
友だち追加
♡こちら↓の記事も参考に♡

お泊まりに使えるコスメはこれ♡メイクしたまま寝ても平気!?

2018.01.19

気になる美容!『日本酒スキンケア』について徹底調査してみました♡

2018.01.18