ラメラ構造って知ってる?乱れてしまう原因とおすすめアイテム♡

ラメラ構造 スキンケア

最近、美容業界で注目されている、「ラメラ構造」。

ラメラ構造は角質層のバリア機能を支えている重要な存在なんです!

ラメラ構造が乱れていると肌トラブルが起こりやすくなると言われています。

特に、肌が乾燥しがちな人ほどラメラ構造ケアが必要なんです!

ラメラ構造はスキンケアコスメで整えることができ、そのための化粧品も増えてきています。

肌バリア機能を高めるのにおすすめのコスメもご紹介します♡

ラメラ構造って?

ラメラ構造 原因

最近、美容業界でよく聞かれるようになった「ラメラ構造」。

このラメラ構造は、美肌をキープするためには無視できない重要な存在なんです!

私たちの肌は1番外側で肌をバリアしている「角質層」という部分は角層、顆粒層、有棘層、基底層という4つの層で成り立っています。

ラメラ構造は、このうち角質層という部分に存在しています。

私たちは普段のスキンケアで、化粧水で水分を、クリームで油分を補給していますよね。

角質層には、この水分と油分が重なり合って存在して、お肌を乾燥や刺激から守ってくれているんです♪

このバリア機能の部分を、「細胞間脂質」と言います。

角層には、ターンオーバーで生まれ変わる角層細胞と細胞間脂質が積み重なっているんです。

一般的に、角層はレンガ、細胞のすき間を埋めている細胞間脂質はレンガをつなぎ合わせるセメントに例えられています!

このレンガ構造が、ずばり、ラメラ構造なんです♪

バリア機能を支えている細胞間脂質は、化粧品成分としても有名なセラミドなどの天然の保湿成分と水分で規則正しく積み重なっています。

スキンケアのアドバイスで、よく「保湿が大事!」と言われますよね。

それは、水分を入れてラメラ構造を整えて、お肌のバリア機能をキープするためでもあるんですよ♡

でも、ちょっとしたことでラメラ構造がくずれてしまうことがあります!

ラメラ構造が乱れるとどうなる?

スキンケア ハチミツ

肌のコンディションを支えているラメラ構造が乱れると、バリア機能と水分の蒸散を抑える機能が低下します。

そうなると、さまざまな肌トラブルも気になり始めるようになってしまうのです!

そして、このようなよくない肌トラブルが起こってしまいます。

外部の刺激に弱くなる

スキンケア ラメラ構造

ラメラ構造はバリア機能を高めてくれる存在。

この部分が崩れると、乾燥や紫外線などの刺激を防ぎきれなくなります。

そうすると角質層全体の水分が失われ、シワや弾力不足、毛穴の開きなどの肌悩みの原因になってしまうんです!

乾燥がひどくなる

スキンケア ラメラ構造

ラメラ構造は水分と油分をちょうどいいバランスで保持してくれています。

水分と油分のどちらかが少なくなってしまうと、重なっている層がくずれ、水分が蒸散しやすくなる現象が起こります!

それにより、肌の水分がどんどん逃げていってしまい乾燥が加速するようになるのです。

ラメラ構造はバリア機能、水分キープ機能で肌を支えているので、乱れると肌によくないことが起こってしまうんです。

ラメラ構造が乱れる原因!

ラメラ構造は緻密な構造で成り立っているので、ちょっとした刺激で乱れてしまいがちです。

自分では意識していなくても、間違ったスキンケアや外部の刺激で少しずつラメラ構造が乱れているんです!

ラメラ構造が乱れてしまうのは、主にこんな原因が考えられます!

顔を濡れたまま放置する

スキンケア ラメラ構造

洗顔後顔の水滴をそのままにしていたり、化粧水を必要以上にバシャバシャつけて、お肌が濡れた状態で放置していませんか?

実は、ラメラ構造は水、汗などに弱く、長時間肌が濡れた状態になると細胞間脂質がゆるんでしまうと言われいるんです。

また、一度ラメラ構造がゆるむと、もとの状態に戻るまで時間がかかると言われています。

界面活性剤の入った化粧品を使っている

スキンケア ラメラ構造

化粧品の品質を維持するために使われる界面活性剤は、洗濯用洗剤にも使われる刺激の強い成分。

界面活性剤は強い脱脂力を持っているので、角質層の皮脂膜を落としてしまいます。

そうすることで、外部の刺激によりラメラ構造が乱れ、すきまができることでそこから水分がもれ出てしまうんです。

細胞間に間が開いてしまうと、乾燥しやすくなります。

ラメラ構造は保湿機能で角質層を支えていますが、肌のコンディションによっては、もともとある水分や油分だけでは足りなくなることがあるのです。

水分、油分のどちらが偏ってもラメラ構造は乱れてしまいます。

顔をぬれたまま放置したり、脱脂力の強い化粧品を使うことなども、ラメラ構造を乱れさせる原因なのです!

ラメラ構造は、ちゃんと肌を管理していないと乱れてしまいがち。

乱れさせないためにも、保湿は忘れないようにしましょう♡

ラメラ構造に注目したスキンケアコスメ♡

ラメラ構造が乱れると、シワ、たるみなどお肌のトラブルも増えてしまいます!

ひどい乾燥が気になる人は、ラメラ構造が乱れてしまっているのかもしれません。

そんな時は、乾燥を防いでラメラ構造を整えるコスメでスキンケアしましょう♡

イシュタール

スキンケア ラメラ構造

イシュタールは、ラメラ構造を整える独自技術「ラメラテクノロジー」を使った、まさにラメラ構造を整えるための美容液♪

ラメラ構造に欠かせないセラミドを配合しているから、乱れたラメラ構造をしっかり整えてくれます。

さらに、ヒアルロン酸やプロテオグリカンなどの高保湿成分を配合しているので、気になる乾燥を防いでくれます♡

また、細胞の成長因子と言われ、ハリを支える「EGF」を配合している科学技術を活用したコスメでもあります!

リポソーム コスメデコルテ

リポソーム コスメデコルテ

コスメの成分に、水分と油分をラメラ構造化したカプセルが入っている高機能コスメ。

浸透力が高く、年齢肌でも角質層にしっかり成分を届けられるのが特徴です♪

天然の保湿成分を使用しているので、肌が敏感な人にもおすすめです♡

コンシダマール スキンライズローション

スキンケア ラメラ構造

水分と油分のバランスでラメラ構造を再現しているコスメ。

ラメラ構造状の成分で肌と近い性質に近づけているので浸透力も優れています♪

プラセンタやヒアルロン酸、EGFなど、エイジング対策ができる美容成分が入っているのもポイント。

コンシダマールはオールインワン化粧品なので、洗顔後のケアはこれ一つで済みます♡

ラメラ構造を意識して♪

スキンケア ラメラ構造

角質層で肌のバリア機能として働いてくれているラメラ構造。

ラメラ構造は、水分と油分をキープして肌をいいコンディションに保ってくれている重要な存在だったんです!

そして、美肌キープに欠かせない「保湿」は、ラメラ構造を整えるためでもあったんです♪

年齢肌の原因にもなりやすいラメラ構造の乱れは、保湿ケアやラメラ構造を整えるコスメで対策してあげましょう!

ラメラ構造を整えて肌のバリア機能を高めてあげれば、今よりもっと美肌に近づきますよ♡

Beauty Collectionは、LINE@でも情報をお届けしています!
友だち登録をして、最新情報を誰よりも早くGET♡
友だち追加
♡こちら↓の記事も参考に♡

ブースター美容液って知っている?保湿効果をぐんとアップ♡

2018.01.22

バストケアのための5つの習慣!ハリのある魅力的なバストに♡

2018.01.22