涙袋メイクで潤んだ瞳に♡簡単に使える優秀アイテムを紹介♪

涙袋 メイク

目元の印象を作るのは、マスカラやアイラインだけではありません。

上まぶたにメイクをするように、下まぶたにもメイクをプラスしてより魅力的な目元を演出しましょう♡

今回は、涙袋メイクのメリットやおすすめの商品、簡単なメイクの方法をまとめてご紹介します。

ぜひ、明日からのアイメイクの参考にしてみてくださいね♪

涙袋メイクをすると印象が変わる?

目の下がぷくッと膨らんでいる涙袋があることで、目元の印象が変わることをご存知ですか?

涙袋は「眼輪筋」という筋肉が盛り上がることででき、もともと持っている人と持っていない人がいます。

涙袋がない場合でも、メイクの仕方を工夫することで涙袋があるような魅力的な目元を演出することができますよ♡

涙袋があるだけで、次のような嬉しいメリットがあります♡

目をパッチリと見せることができる

涙袋を作る1番のメリットと言えば、目をパッチリと見せることができるところです。

これは、涙袋があることで目元に立体感を出すことができるため。

さらに、涙袋があることで目の横幅も強調することができ、結果的に目全体がパッチリと大きな印象になります♡

潤んだツヤのある瞳を演出!

涙袋にハイライトカラーやラメなどをのせると、瞳に光を反射させるレフ板のような役割を果たしてくれます。

そのため、瞳がキラキラと潤んだ印象に♡

瞳がきれいに見えるだけでも、メイクの仕上がりや女子力をぐんとアップさせることができます♪

涙袋を作るおすすめのアイテムを紹介♡

ここからは、涙袋メイクができるアイテムをご紹介します♡

いつものメイクにプラスするだけでも、目元の印象がガラリと変わるはず!

簡単に使えるアイテムばかりを厳選したので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

ラブドロップス

  • 涙袋ウルミライナー

下まぶたにプラスするだけで立体感のある目元に仕上げてくれる、クリーミーペンシルです♡

芯が柔らかく書きやすいので、目元が乾燥しにくいところが特徴。

また、キラキラと輝く細かなラメが配合されているので、潤んだ目元に見せてくれる効果も期待できますよ♪

肌馴染みのいいカラー展開なので、ナチュラルに仕上がるところも嬉しいポイントです。

ピメル

  • 涙袋用美容液アイカラー

美容液成分が配合されており、潤いのある涙袋を作ることができる商品♡

ペン先はスポンジチップになっているので、ぼかしながら使えるところが特徴です。

また、涙袋がない人も重ねながら使用することで立体感を出しやすくなりますよ。

涙袋のために開発されたオリジナルカラーが、自然な立体感を演出!

ドーリーウインク

  • ペンシルアイカラークリームラメ

キラキラと輝くインパクトがあるメイクを好む人から人気を集めている商品がこちらです♪

益若つばささんプロデュースで、大きめのラメとグリッターが配合されているところがポイント♡

そのため、ツヤ感のある涙袋に仕上げることができます。

涙袋がない場合でも、この商品を使うことで潤んだ瞳を演出しやすくなりますよ。

エチュードハウス

  • きらっと涙ライナー

こちらはリキッドタイプの涙袋用アイライナーです♡

乾燥しにくく、クリスタルパールが目元に輝きを与えてくれます。

また、リキッドタイプなので重ね塗りしやすくトーンの調整がしやすいところも大きなポイント♪

そのため、陰影をつけやすく立体感のある目元に仕上がりますよ。

銀座コスメティックラボ

  • 涙袋ジェルパウダー

こちらの商品も、肌に馴染みやすいジェルタイプの涙袋ライナーです♡

保湿成分を配合しているため、涙袋に潤いと立体感をプラス♪

また、ウォータープルーフ処方なので、崩れにくいところも嬉しいポイントですよ。

こちらも、肌馴染みのいいオレンジ系カラーなので、肌のトーンに合わせて使ってみてくださいね。

涙袋メイクの方法を紹介♪

ここからは、簡単にできる涙袋メイクの方法をご紹介します♡

今まで涙袋メイクをしたことがなかった人も簡単に取り入れることができる方法ばかり。

ぜひ、いつものアイメイクにプラスしてみてくださいね♪

涙袋ライナー×アイライナーで立体感を

先ほど紹介した涙袋メイク用のアイライナーと、陰影をつけるためのアイライナーを使ってぷっくりとした涙袋に♡

涙袋がある人でも、ナチュラルに強調させることができます。

  1. まずは、涙袋の上に涙袋アイライナーをひきます。
    ポイント!
    このときに、肌の色と近い商品を使用することで、より自然な仕上がりに。ひき終わったら、ポンポンと叩くように滲ませてみて。ハケなどを使い上下に伸ばしてしまうと、涙袋の幅は広くなり不自然になる場合があります。
  2. 次に、陰影を付けるアイライナーを使用して、黒目と同じ幅だけ、涙袋の下に入れます。
    ポイント!
    あまり濃いカラーだと不自然になりやすいので、ブラウンやオレンジブラウン系のカラーがおすすめです。アイライナーを引くときには、ハッキリと書きすぎないようにすると自然な仕上がりに♡

涙袋がない人向けの涙袋メイク

涙袋がない人でも、涙袋メイクができたように見せられる簡単メイクはこちら♡もともと涙袋がある人よりも、しっかりと陰影をつけることがポイントです。

  1. まずは、アイライナーを使って涙袋の影を作ります。
    ポイント!
    目を細めたときにぷっくりとなる位置を確認して、その部分の輪郭をなぞるように輪郭を入れることで自然な仕上がりに。ぼかしやすいタイプのアイライナーを使用して、目の端から端までうっすらと輪郭を作りましょう♡
  2. 次に、涙袋アイライナーを使って涙袋にしたい場所の上をなぞります。
    ポイント!
    このときに、①で作った輪郭と重ねるようにすることで、自然な立体感を出すことができますよ。また、黒目部分だけ少し濃くひくことで、より立体感が出て涙袋っぽく見せることができます♡

涙袋メイクで潤んだ瞳に♡

今回は、涙袋メイクのメリットと涙袋メイクで使用するおすすめアイテム、涙袋メイクの方法をまとめて紹介しました♡

上まぶたにはアイシャドウやアイライナーを重ねるように、下まぶたにもメイクをプラスしてみて。

涙袋を強調させることで、潤んだ瞳になりより大きな瞳に見せることができますよ♪

Beauty Collectionは、LINE@でも情報をお届けしています!
友だち登録をして、最新情報を誰よりも早くGET♡
友だち追加
♡こちら↓の記事も参考に♡

【診断】イエベ・ブルベを深掘り!パーソナルカラーで似合うメイクを♡

2018.01.29

イガリシノブ、プロデュースブランド【WHOMEE(フーミー)】まとめ♡

2018.01.17