ほうれい線対策をしよう!原因を知ってもう悩まないお肌へ♡

ほうれい線 対策

いつまでも美しくいたいとさまざまな美容法を試す女性達。

私たち女性にとって、見た目年齢に差が出る「しわ」を何とかしたいと願うことは、日々の美容の課題ではないのでしょうか?

しわの中でも、特に目立って気になってしまうのが「ほうれい線」です。

口元にだんだんと出てきてしまったしわを見て、半ばあきらめかけているそこのあなた!

まだ諦めるのは早いですよ!

ほうれい線は日々のちょっとした習慣で目立たなくすることが出来るんです♪

今回はしわの中でもほうれい線に注目してお話していきたいと思います♡

ほうれい線はなぜ出来てしまうの?

ほうれい線 対策

そもそもほうれい線はなぜできてしまうのでしょうか?

原因の1つとして年齢と共に肌弾力が減少し、たるんでしまうことが挙げられます。

肌弾力によって支えられていた頬が、下がってくることによりしわが刻まれてしまうんです!

お肌の乾燥などによって、表皮の保水力はどんどん減少して行ってしまいます。

お肌が生まれ変わるためのターンオーバーが乱れてしまうと、肌弾力は低下する一方です。

その他にも、睡眠不足や、栄養の偏った食事、ビタミンCを不足させる過剰なストレスなど、生活習慣の乱れからも肌ダメージは生まれてしまうんですよ!

ほうれい線をつくってしまう行動

ほうれい線 対策

年齢によるコラーゲンの減少などの肌弾力に関わる理由以外にも、ほうれい線をできやすくしてしまう原因を作っていることがあります。

それは日々の生活の中でのちょっとした癖や行動なんです!

では、どんな癖や行動がほうれい線を深くしてしまっている原因になっているのでしょうか?

紫外線はほうれい線の原因になる

ほうれい線 対策

紫外線はお肌の表皮を透過して、その奥の真皮層まで入り込み、細胞にダメージを与えてしまいます。

お肌のハリの素となっているコラーゲンやエラスチンを生成する力を弱めてしまい、肌弾力が低下してしまうんです!

肌弾力が低下したお肌は固くなってしまい、肌に表情跡が残りやすくなってしまいます。

そして肌弾力を失っていったお肌は、肌弾力を失うことで皮膚を支えきれなくなりたるみの原因となってまうことに…。

紫外線で肌がダメージを受け、老化へつながることは光老化と言われていますが、光老化を予防するためにUVケアをしている女性は多いことでしょう。

しかし紫外線は曇りの日も発生していますし、窓ガラスを透過して侵入してくるので油断は禁物!

日ごろからUVケアをしっかりすることが肌老化の進行を食い止める方法の1つと言えますね。

いつもの表情筋の癖

ほうれい線 対策

お口の周りの筋肉を「口輪筋」と言いますが、この口輪筋は顔のあらゆる表情筋たちと支え合っています。

現在ほうれい線でお悩みのあなた、無表情になる時間が多くはないですか?

無表情になると口角が下がった表情が増えます。

口角の下がった表情は口輪筋が働いていない状態で、口輪筋をの筋力を徐々に低下させてしまうんです!

口輪筋の筋力が低下することで他の筋肉たちと支え合いが出来なくなり、顔に「たるみ」が生じてしまいます。

たるみからしわが刻まれ、それがほうれい線になってしまっている場合も…。

まずは口角を上げることを意識して、口輪筋の衰えさせないようにしてみましょうね!

ダイエットによる脂肪の増減

ほうれい線 対策

「ダイエットによって痩せたけれど、ほうれい線が目立つようになってしまった」と聞くことがありますが、体重の増減は、お肌をたるみやすくしてしまう原因の1つなんです。

体重が増えることによって皮下脂肪の重みが筋肉や皮膚で支えきれなくなり、皮膚がたるんでしまいます。

そのたるんだ状態で痩せてしまうと、たるんだ皮膚が残りほうれい線が目立つようになってしまうんですね!

年齢を重ねていれば脂肪の質も老化していくので、たるみやしわは余計に目立ってしまいます。

ダイエットするときは栄養バランスを考えた食事と運動で短期的に体重をたくさん落とすのではなく、長い目で見てダイエットすることが美肌を保つ秘訣ですよ!

ほうれい線を目立たなくするために始めよう

ほうれい線 対策

これまでに、ほうれい線は真皮や表情筋の衰えによるたるみ、光老化などが原因とわかってきましたね。

ほうれい線はあなたのお肌に今日いきなり現れたわけではないはずです!

時間はかかりますが、じっくりと丁寧にほうれい線と向き合えば、頑固なほうれい線も薄く目立たなくすることも可能♡

ほうれい線を目立たなくするために是非始めてみましょう!

ほうれい線にアプローチするマッサージ

ほうれい線 対策

まずは固くなってしまったお肌をほぐすことが大切♪

お気に入りのオイルを使ってマッサージをしてみましょう!

ほうれい線の始まりの地点、小鼻の横を強く擦らないように注意しながら、少しずつ場所をずらして何度かプッシュしてみてください。

顔の筋肉を緩めてこわばりを解消していきます。

  • 頬骨の下の「巨りゅう」
  • 目尻と耳の穴の間にある骨のくぼみの「下関」
  • 耳の上先端の頭皮の部分の「角孫」

をゆっくりと5秒ほど押して離すを3回から5回繰り返してみてください。

自分が気持ち良いと思う強さで押すことがポイントです♪

ツボ押しは血の巡りをスムーズにしてお肌の新陳代謝をアップさせ、お肌を引き締めてくれるんですよ!

ベロ回し体操

ほうれい線 対策

顔の表情を明るくし若々しく保つベロ回し体操は、舌を回すだけのとても簡単で取り入れやすい顔の体操です。

こちらも血の巡りを良くして新陳代謝を活発にしてくれます。

ほうれい線ができてしまう前の予防と、ほうれい線が出来てしまっても目立たなくする効果があるんですよ!

口を閉じて舌を歯の表面に這わせて口の周りをゆっくり3周します。

それを左右3セットするだけ。

これだけなのにとっても顔回りの筋肉に効いているのを実感できます。

ちょっと辛いと思う方は、無理のないように回数を調整して試してみて下さいね。

体操の後に耳の下から鎖骨にかけてそっとリンパを撫でて、老廃物を流してあげるとさらに効果的ですよ♪

目の周りの疲れをとってストレッチ

ほうれい線 対策

顔の筋肉は支え合っています。

PCやスマホなどで目を酷使している私たちは、気が付かないうちに眼精疲労が溜まってしまいがちです。

眼精疲労によって周辺の筋肉にコリが出てくると、その重さでたるんでしまいほうれい線が出来てしまうんです!

眼精疲労を解消すること、そして目の周りの筋肉をほぐすことは、ほうれい線の予防に繋がります♪

目を4秒間ぎゅっと閉じて4秒間思いっきり開くという眼輪筋のエクササイズをしてみてください。

目の周りの血行が良くなり、疲れ目が解消するのを感じられます。

またホットタオルをあてて疲れ目を解消するのもおすすめです。

蒸気がじんわりとほぐしてくれるのが気持ち良いのでお試しくださいね!

肌つまみでほうれい線を目立たなくする

ほうれい線 対策

親指と人差し指を使って硬くなった口周りの筋肉をほぐしていきましょう♪

ほうれい線に沿って垂直になるようにつまんで揺らしていきます。

肌つまみの方法はたくさん動画なども配信されていますので、自分にあったやり方を探すのも良いですね♡

笑顔は最高のほうれい線対策!

ほうれい線 対策

口角を上げて、にっこりと笑って見てください。

ほうれい線は顔の筋肉が衰えたるみを起こした状態だと上記でご紹介してきましたが、無表情は筋肉が衰える最大の原因。

にっこりと笑顔になることは表情筋を刺激してたるみを解消するだけでなく、お肌の元気のもとになる自律神経も整える働きがあるといわれています。

笑顔は顔の血行も良くし、老廃物もスムーズに流してくれるようになるんです!

笑顔でいることで素敵に見え、お肌も元気になるアンチエイジング効果があるなんて素敵ですね♡

ほうれい線対策に適した美容成分

ほうれい線 対策

どれだけマッサージや口回りの筋肉の衰えを阻止しても、乾燥からしわになってしまっては本末転倒ですよね。

お肌の外からもきちんとアプローチしていきましょう♪

どうしても乾燥しがちになるクレンジングなどの洗顔の後には、セラミドやヒアルロン酸配合の化粧水でしっかりと保湿をしましょう。

保湿成分の他に、お肌にハリを与えるアスタキサンチン、ビタミンC誘導体、レチノール、コラーゲンなどのエイジングケア成分も効果的です♡

お肌の奥からしっかりと潤いを与えてからクリームや乳液でしっかりと蓋をして、ほうれい線を目立たなくしていきましょう!

毎日根気よく続けることが大切!

ほうれい線 対策

どれだけ効果的なマッサージも、美容成分も、すぐに効果が見られるというものではありません。

お肌はターンオーバーに合わせてハリや潤いを少しずつ回復していきます。

ストレッチなどの効果も衰えた筋力がすぐにつくわけではないのです。

ほうれい線予防と回復の方法を毎日の習慣にして、若々しいお肌を保っていきたいですね♡

Beauty Collectionは、LINE@でも情報をお届けしています!
友だち登録をして、最新情報を誰よりも早くGET♡
友だち追加
♡こちら↓の記事も参考に♡

ラメラ構造って知ってる?乱れてしまう原因とおすすめアイテム♡

2018.02.01

首シワは年齢より老けて見えちゃうかも!若返りネックケア♡

2018.01.16