【インタビュー】ファッションはセンスよりも理論!理論に基いてコーディネートすればファッショニスタに?

顔タイプ診断

最近パーソナルカラーを知って、コスメ選びが楽しくなっている編集部Sです。

「なんで今までこれを使っていたんだろう…」と悲しくなるときもありますが、少しでもマシに見えるように頑張っております(笑)

そして先日、パーソナルカラー診断について調べていたら、「顔タイプ診断」というものに辿り着いたんです。

顔タイプ診断ってなに?

顔タイプ診断

「顔のタイプを知ってどうするんだ?」と思いましたが、よくよく調べていくと顔のタイプから似合うファッションが分かるようになるみたいなんです。

しかも、似合うファッションは相手に好感を与えられるそう!

「好感度アップするなら似合う洋服を着たほうが、仕事もプライベートも得じゃん!」ということで、まずは顔タイプ診断について少しご紹介します♪

顔タイプ診断とは

顔タイプ診断は、顔のパーツのバランスや特徴を分析し、4タイプまたは8タイプに分類します。

その結果、似合うファッションや髪型などを知ることができる診断です。

下記が8タイプに分類したマトリクス。

顔タイプ診断出典元:日本顔タイプ診断協会

パーソナルカラー診断や骨格診断が流行っていますが、それだけでは発見できないところまで、理論的に分析してくれるので、今非常に需要が高まっています!

イメージコンサルタント
岡田実子さん

そこで先日、顔タイプ診断の生みの親である、イメージコンサルタントの岡田実子さんへインタビューをさせていただきました!

「確かに!なるほど!」というお話をたくさん聞くことができたので、少し長くなりますが20代後半〜40代の方は、今後の服選びやコーディネートの参考にしてください♪

〜プロフィール〜
顔タイプ診断岡田 実子(おかだ じつこ)
イメージコンサルタントスクール HAPPY SPIRAL Academy代表
一般社団法人日本顔タイプ診断協会 代表理事
個人レッスンサロン HAPPY SPIRAL

ーーまず、顔タイプ診断を始めたきっかけを教えてください!

「似合う洋服を知りたい」って、誰もがなんとなく思っている願望だと思うんですよ。20代前半よりも20代後半とか30代40代になるほど、トレンドばかりじゃ良くないと思い始めて「自分に合うものってなんだろう?」と考えるようになってくるんですよね。

わたし自身もそうだったんですけど、答えがあったら楽なのになぁって。「簡単にお洒落になりたいな」「ファッションばかりにお金と時間を使うほどじゃないんだけどお洒落にはなりたいな」と思ったときに、答えを解く式ってないのかなって!

それで、まず初めにパーソナルカラーのスクールに行ったんです。パーソナルカラーを学んで、1つ正解ができたと思ったんだけど、色が分かっただけだと服が選べないというか、選べるんですけどいつも同じ服になっちゃったんですよね。「いつもその色のその服着てるよね」みたいな(笑)そこから骨格診断が出てきて「あ〜救われた!」と思って。

顔タイプ診断

それからパーソナルカラー診断と骨格診断は取り入れてお仕事をしてきて、5年ほど前からショッピング同行という似合う服を選ぶサービスを始めました。ここ(室内)でアドバイスするにはパーソナルカラーと骨格を式に当てはめて「あなたの答えこれよ」ってアドバイスしていたんですけど…。

実際買い物に行くと「あれ?同じ答えの人なのに似合う服が違う!」という現実があったんです。でも教えてくれる学校もなくて…そこから自分で研究を始めたんです。たくさんの方を見ていく中で、「あれ!顔だ!」って気付いたんですよ。

ーー”顔だ!”と思ったときは、突然だったのですか?

そうですね!ショッピング同行は、事前に1人で下見に行って取り置きをいっぱいするんです。お客様には1度お会いしているんですが、お客様のカウンセリングシートとお写真を持って。パーソナルカラー診断と骨格診断の結果もあるので、「カラー診断と骨格診断の結果がこうだから何選ぼうかな」と思って売り場に行くんです。

でも、ある日気付いたんです…、お客様の写真を服に合わせながら歩いてる自分に!自然と「この方にこれ似合うかな?」「これいいな!」って。それで「あれ、顔で見てる!」みたいな(笑)そこから「顔のほうが分かりやすいのかな?」と考え出して…。パーソナルカラーと骨格で選びに行ってるつもりが、知らず知らずの内に顔で選んでいたという現実がありました。

顔タイプ診断

講座を受けに来る方で、パーソナルスタイリストとか雑誌社のスタイリングをする方とお話をする機会があるんですけど、パーソナルカラー診断や骨格診断をやっていない方は「いつも顔で選んでました。でもなんとなくこうかな?と思いながらやってました。」と仰っていました。

ーー顔の重要性に気付いてからは?

理論がなかったので、まず理論化しました。それが顔タイプ診断です。サロンにいらっしゃるお客様にはとても喜んでいただけました!ですが、迷い子たちがたくさん来るようになったんです(笑)

「骨格診断がストレートなのにストレートの服が似合わない…どうしてでしょう?」というような方がたくさんいらっしゃって。わたしのサロンの予約もいっぱいでお断りしている状態なのに…キリがない!世の中変えないといけない!と、それで学校にしたんです。

学校を創立した2年前は、4つの分類だったんです。でも、生徒さんによって答えが違ったりして…「わたしはこどもに見える」「わたしは大人っぽく見える」みたいな。

「これではいけない!」と思って、診断方法をさらに考えて測定をするようにしました。定規で測ってバランスを数値で見るんです。そういう項目を入れることによって、だいぶ整合性が高まって、みんなが「なるほど!」と分かるようになるまで理論化することができるようになりました。

ーー理論化されていると受け入れやすそうですね。

顔タイプ診断

講座はカラー診断や骨格診断をお客様に診断するプロの方も受講されますが、受講後、お客様にアドバイスすると「顔タイプ診断ってわかりやすい!面白い!」と、他の診断以上に盛り上がるそうです。

わかりやすいんですよね、顔なので。

顔タイプ診断は似合うものが分かるだけではなくて、すごく面白いのが自分の印象も分かるんですよ。「自分ってこういう魅力を持ってるんだ」みたいな、服だけでなく人としての魅力。理論的に「あなたはこうだからこう見える人ですよ」という診断をすることで、納得しやすいのだと思います。

ーーやはり似合う服を着るのが良いのでしょうか?

みなさんなりたいイメージがあると思うので、顔タイプ診断の結果と理想が違くても、理想に近づけられますよ!ってところまでアドバイスしています。メイクや髪型でバランスを変えられるので。

「ここまでなら変えられるよ、でもここまでは無理。」というのも伝えます。イタいとか無理して見えるとかは、やっぱり素敵じゃないんですよ。

顔タイプ診断

例えば、黒木メイサさんがすごい柔らかく見られたくて、前髪を切ってふわふわのボブにしてフレアスカート履いたとしても、なんか違和感がありますよね。でも、巻き髪にして眉毛を優しくしてブラウスでレースのタイトスカートとかだとお似合いになりそうじゃないですか?

そうやってクールから女性らしいイメージに動かすというのは可能だったりします。

ーー実はわたし母に緑が似合わないって言われてから、緑色の服を一切着ていないのです。似合う可能性もあるのでしょうか?(笑)

親や親友などの近い人に言われた言葉って残ってたりするんですよね。カラー診断の観点になりますが、似合う緑はあるかもしれないんですよ。「似合わない傾向はあるかもしれないけど、この緑は似合いますよ」とか、その辺りを感覚ではなくアドバイスできますよ。

ーー過去に何か言われて気にしてる方は結構いらっしゃるんですか?

いらっしゃいますね。キツいって言われて、ずっとわたしはキツいって思って生きている方もいます。そういう方は印象を和らげたくて服を可愛くしていることが多いです。コンプレックスというか願望が服に出ているときがあるんですね。

「こうじゃないといけない!」と思い込みすぎるのもつまらないし、「あなたはこう生きてきたんだからこう生きなさい!」と言われても辛いときもあるじゃないですか。そいいう方を動かすことができるのも、顔タイプ診断の良さですね!

ーー視野が広がりますね。

顔タイプ診断

そうなんです!結構自由になるんです。日本人って「あの人たちより浮いてないかな?」とか他人と比べるんですね。比べることで自分を決めようとするので、不安になったりぶれたりするんですよ。

それがハッキリと「わたしはこうなんだ!」って、好きでも嫌いでもなくただ分かると、「これでいいかも?」って認められるようになるんです。そこからは認めた部分を伸ばしてもいいし、少し改善しようでもいいし。

”ファッションはセンス”と言われている時代に理論化することで、世の中の9割以上の人たち、いわゆるファッショニスタではない人たちが、楽に自分らしくお洒落に生きられる社会を作りたいんです。

ーー実際サロンに来られる方ってどんな方が多いですか?

会社員の方、経営者の方、お医者様、いろんな職業の方がいらっしゃいます。1番若い方は、高校生がお母様と一緒にお越しになったり、上だと70代の方がいらっしゃったり、ただ1番多いのは20代後半から40代くらいまでの女性が断トツ多いですね。

顔タイプ診断で面白いのは、男性も興味があるんですよ。カラー診断だけだと「桜色のピンクが似合うって言われても俺は着れないよ(笑)」ってなったり、あまり興味がないんです。でも、どんな印象かっていうのには興味があるんですよ。

だからそういう意味では、会社の研修とか、将来的には大学生になるときにはみんなが普通に受けるものにしたいなぁ思っています。

ーー大学生のときに知っていたら、その後が楽になりますね。

今、社会的な使命感を自分の中で持って動いていて、最終的に日本人がより自信を持って生きられるようになればと。

顔タイプ診断

サロンには海外に住んでいる日本人の方が来られることも多いのですが、長年海外に住んでいる人は結構自分のことを知っていて、自信を持っている人が多いんです!「なんで分かっているの?」って聞くと、「今日の服似合ってるよ!」とかよく言われているみたいで。

日本人ってそういう習慣がないので、自分が分からなかったり自信がなかったり…。「わたしはこれでいいんだ!」「わたしはこういう魅力があるんだ!」と魅力に気付いたり自信を持てる人を増やしていけたら、素敵な笑顔が増えるんじゃないかなぁと思っています。

ーー最後にフェイスマッチについてお伺いしたいのですが、フェイスマッチは素人のわたしはやっても分かるものですか?

フェイスマッチ
自分の顔の切り抜きを雑誌のコーディネートに合わせながら、似合うコーディネートやアイテムを視覚的に見つける方法

わかります!特に似合わないものがまず分かります。違和感があるんです。フェイスマッチが面白いのは「あれ?なんか意外にいいかも!」と、それ切り取って集めていくと、だいだい似たような雰囲気に仕上がるところ。

あと外に買い物に行くと、いつも行くお店に行っちゃうので、違うものに手が届かないですよね。でももしかしたら違うところに似合うものがあるかもしれない。フェイスマッチならはお店の垣根を超えて、探すことが出来ます。顔タイプ診断だけではなくて、色とかバランスも分かりますよ。

わたしはいつもパソコンの横に自分の顔の切り抜きを置いておいて、海外サイトとかで日本に売っていない服を買うときは、パソコンの画面に当ててます(笑)

ーーやはりまずは”似合う”を知ることからですね!…、もし良ければ、顔タイプ診断の体験をさせていただいてもよろしいでしょうか!?

はい!ぜひやりましょう。

顔タイプ診断を体験!

顔タイプ診断

今回は岡田さんのご厚意で顔タイプ診断の体験をさせていただきました!

顔タイプ診断をするのに必要なのは、髪の毛を留めるピン・スマホ・定規だけ

  1. スマホで顔(正面・横)を撮影
  2. 定規で測定
  3. 項目毎に確認

もちろん項目の確認は勉強しないと、正しく判断できません。

実際わたしが事前にネットで診断したときと、違う判断をされている項目もありました。

それでは、編集部2名の体験の様子ご覧ください!

編集部M キュートタイプ

女の子らしい雰囲気のMは、子ども×曲線のキュートタイプ。

顔タイプ診断顔タイプ診断パールのピアスや襟元のフリルがぴったりらしく、コーディネートは100点満点!

襟などの直線がある服もあまり得意なタイプではないそうです。

編集部S フェミニンタイプ

落ち着いてるよねとよく言われるわたしSは、大人×曲線のフェミニンタイプ。

顔タイプ診断

曲線のあるものが似合うタイプですが、ストライプ柄の襟付きブラウスという直線ばかりの服でした(笑)

似合う服も教えていただいたので、ぜひ参考にさせていただきたいと思います!

(貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました!)

顔タイプ診断は
これからの常識になる

顔タイプ診断

トレンドから少し遠ざかる20代後半。

少しずつ大人に寄せながらファッションを変化させていた女性は多いかもしれません。

しかし「似合うファッションが分かっていれば、いつでもどこでもファッショニスタでいられる」顔タイプ診断からそう感じました。

きっとブームは加速していくはず。

顔タイプ診断、要チェックです!

Beauty Collectionは、LINE@でも情報をお届けしています!
友だち登録をして、最新情報を誰よりも早くGET♡
友だち追加
♡こちら↓の記事も参考に♡

新社会人に教えてあげたい!少しでも楽に4月を乗り切る必殺グッズを!

2018.04.02

【社内恋愛マスターにインタビュー!】知っておくべきモテ仕草と非モテ仕草

2018.03.27