月100人と合コン!?現役港区女子の吉川リサコ氏の実生活を聞いてみた!

港区女子 吉川リサコ

以前インタビューした港区女子”ひとみん”さんの記事が予想を上回る反響をいただきました。

まだまだ真相が知られていない『港区女子』についてお伝えするべく、港区女子”吉川リサコさん”へインタビューを決行!

吉川リサコ氏
素性は明かせません。
Twitterアカウントはこちら

顔出しNGとのことでしたが、代わりに港区女子について赤裸々にお話してくださいました。

まずは吉川リサコさんについて迫ってみましょう!

現役港区女子 吉川リサコ氏とは

港区女子 吉川リサコ

今回も待ち合わせは六本木。

カフェにやってきた彼女は、おしとやかそうな雰囲気。

最近TVで見る、積極的でお高くとまっていそうな港区女子とは違う印象でした。

しかし、話し始めて5分…、いや3分でイメージ崩壊(笑)

見た目とは裏腹に、サバサバした口調に加え、躊躇なく下ネタを連発する姿は、こちらが勝手に感じていた壁を取っ払ってくれました!

それでは早速吉川さんについて伺ってみます。

月100人と合コン!?

港区女子 吉川リサコ

ーーまず、何がきっかけで港区女子に?

「飲み会に参加したきっかけは、女子大生の頃に友達に誘われたお食事会です。『年上の外資系金融の男性がご飯ご馳走してくれるだけだから行ってみようよ』『すごい人は億稼ぐらしいよ』と聞き、ご飯目当てで行きました。そこで初めてハイスペ彼氏になる人と出会い、よく合コンをするようになりました。」

ーーその1回で終わらなかったんですね。

「彼のような人にもっともっと出会いたいという思いから港区女子として精力的に活動するようになりました。多い時は月間100人と合コンしました!”年上・ハイスペ・港区の男”というのが、当時の私には何もかもが新鮮でカルチャーショックだったんです。」

ーー月100人と合コンできるなんて・・・

「当時わたしが好きだった人が、毎日接待で飲み歩いている人で。その人と対等に話せるようになるには、わたしも新しい人といっぱい喋らなきゃダメだ!と思ってやってました。大変だったことはなく、単純に楽しかったですね!」

ーーハイスペ男性ばかり集まるんですか?

「もちろんハイスペ男性もいますが、変な人もいましたよ。歯のない歯医者とか(笑)あとは『スナイデルとかフレイアイディー買ってあげるよ』ってメールが来るんですが、”スナイデール”とかになってるんですよ。勉強してるのかな?って(笑)

わたしの後輩が出会った変な男性は、1回体の関係を持ってしまって、そのままズルズルと関係を続けていたら・・ある日テーブルにバンッと5千円を置かれて「5千円で君との友だちの権利買うよ」って言われたらしいです。意味分からないですよね。」

ーー港区でしか出会えなさそうな男性ばかり(怖)

港区女子 吉川リサコ

ーー月100人と合コンしたときのペース配分はどうなっていたのですか!?

「当時は女子大生で暇な時間が多かったので、誘われたら基本的に参加するようにしていました。月火水木金土日日とか(笑)自分で組んだというよりは、予定を入れたらそうなった感じです。気が付いたら、100人超えていましたね。でも良い人は、100人中20〜30人くらいでした。」

ーー暇だったとはいえ、すごい体力…!

港区合コンって意外と・・

ーー港区合コンの雰囲気はどんな感じですか?

「さまざまです。ちゃんとしている人の場合は、ガヤガヤしてないですね。基本的に必ず個室で、しかも完全予約制・会員制。変な人は入ってこれないし、変な人と鉢合わせることもないくらいしっかりしてます。解散時間には店員さんがお店の目の前にタクシーを付けてくれるし、トイレに行くときも人に会うことがないんです。それは1番いい合コンですね!

その次が、個室だけど大衆向けのお店でガヤガヤしてて時間制みたいな。

最低なのは、『え!?』って大声で聞き返さないと話ができないようなお店をチョイスしてくる人。それなのに空気読めず、大声で下ネタとかを言ってくるんです。」

ーー1番良い合コンについて詳しく教えてください!

「経営者が多くて、後輩とか取引先とかを連れてきます。D通の人もいますよ!最初は健全な飲み会ですが、男性は”持ち帰りたい”という目的があるので、お酒にまかせてイチャイチャし始めます。乗り気の女の子は自らくっついていきますよ!

だから清楚な会はあんまりないと思います。弱肉強食の世界なんで、食うか食われるかですかね(笑)

ーー食うか食われるか・・覚悟を持って参加しなければならないようです!

港区女子 吉川リサコ

ーー良い合コンを開く男性ってどのような方々なのでしょうか?

「わたしが好きなのは、外資系企業の営業とか。営業相手の方が、誰もが知っている会社の社長だったりするので、お店もやっぱりグレードが上がりますよね。

ただそういう世界を見てしまうと、あまり刺激を感じなくなります。他の合コンはわざわざ行かなくてもいいかなって!」

ーー良い合コンだと、きちんとした男性が来るんですね!

「全然変態もいますよ(笑)六本木にプール付きの家を持っている65歳くらいの超お金持ちのおじいさんがいるんです。タクシー代もいっぱい払ってくれるけど、本当にスケベで!興味ないけど『好きなタイプは?』とか一応聞くと『夜が合う女』とか言ってきて、まだ現役なんだ?(笑)って思います。」

ーー65歳で…!他にも変な人っていましたか?

「TV局のプロデューサーの方なんですけど、普通にご飯とかを10回以上している健全な関係の男性がいて。帰りなんてタクシーの運転手にお金を渡して『この子の家◯◯だから寄り道させないできちんと送ってくださいね』って言って帰してくれるくらい紳士な人だったんです。

ある日、仕事のためにプロデューサー仲間と借りている掘っ立て小屋みたいな所に連れていかれて。レコードとかがたくさんあったんで、興味ないけど建前上『すご〜い』って言ってたんです。

で、ふっと振り返ったら下着を脱いでて・・言われた言葉が『僕の息子にこんにちはって言ってもらっていいかな?』・・さすがのわたしも顔面蒼白になっちゃいました(笑)

そんな誘い方じゃなくて、もっとちゃんと誘ってくれたら良かったのに…。今はもう会ってないです。」

ーーえぇっと…、未知の世界です。

今は外国人男性を手のひらで転がす!?

港区女子 吉川リサコ

ーー今も毎日のように合コンを?

「今は月2〜3回くらいかな?合コンを組むわけではなく、男性側が1人ひとり呼ぶスタイルがほとんどです。30〜40代のバブリーで財布の紐が緩い元気なおじさんと飲んでますね。ほぼ既婚者なので、きちんとわきまえています。家庭を築いてて、さらに仕事で成功してて、女遊びしたいけどトラブルは避けたいから金払いが良いって感じです。

財布の紐固い人は独身が多め。独身でお金ばらまいてる人って、よっぽど稼いでいるか、貯金してないかのどちらかです。

あと、最近は海外から来ている富豪が相手の場合も多いですね。英語はペラペラじゃないけど、コミュニケーションは言葉じゃなくてもできるから(笑)普段言っている下ネタって意外と英語だったりするし、あとジェスチャーで伝わります。

男性は下ネタを言いたいけど、カッコつけて言わないだけなので、こちらから出していくといいですよ!わたしは、下ネタを言わなそうな雰囲気でガンガン言うギャップがいいらしいです(笑)」

ーー吉川さんが合コンに参加する理由はなんでしょう?

「楽しいんです!口説かれたりして、その空気の上澄みをすっと吸うだけでも。スキンケアよりも良い気がします。可愛いとか綺麗とか言われても、もうなんの感動もないんですけど、言われるだけマシじゃないですか!だから参加しています。」

吉川さんのイメージは・・

港区女子 吉川リサコ

実は以前から吉川さんの記事は読んでいたのですが、正直怖いイメージもありました。

しかし、今回実際に会ってお話をさせていただいて、イメージが変わりました!

美人が当たり前のように下ネタを言うって、すごいことです(笑)

今回の吉川さんの過去と現在は、なかなか衝撃的な内容でしたが、次回も必見です!

次回は『港区で重宝される女性について』お伝えしたいと思います。

Beauty Collectionは、LINE@でも情報をお届けしています!
友だち登録をして、最新情報を誰よりも早くGET♡
友だち追加
♡こちら↓の記事も参考に♡

ギャラ飲みに参加したい女子が憧れる『港区女子ひとみん』に直撃!可愛い子の基準って?

2018.04.13

【社内恋愛マスターにインタビュー!】知っておくべきモテ仕草と非モテ仕草

2018.03.27