抗糖化作用のある食品はどう選ぶ?高GI・低GI食品10選♡

抗糖化 食品

身体を焦がし老化を早める「糖化」。

糖化の影響で顔のシワやたるみが増え、いつの間にか老けた印象に…。

毎日食べている「食品」に注目したことはあるでしょうか?

好きな物を好きなだけ食べているあなたは、既に糖化が進んでいるかもしれません。

そこで今回は糖化の原因となる「糖」に注目した高GI食品・低GI食品をご紹介します!

糖化と食事の関係は?

抗糖化 食品

実は日々の食事は糖化の進行に大きく影響しています。

細かく説明すると、食事で摂取した「糖」が糖化の原因となるのです。

糖化が起こるしくみ

抗糖化 食品

糖化は体内で余分な糖とたんぱく質が結びついて、AGEという物質を作り出す現象。

このAGEが体内の老化を引き起こす原因となります。

AGEは血液中に糖が多い状況で作られるため、炭水化物や甘いものなどの糖質が多く含まれたものを過剰摂取することで糖化を起こりやすくしてしまうのです。

「高血糖」にご注意!

抗糖化 食品

糖化は高血糖の状況で起こりやすい現象です。

糖化させない身体作りをするには、血糖値を急上昇させにくい食品を摂ることが大切。

血糖値をもっとも急上昇させる栄養素が「糖質」です。

最近ではダイエットにおいて糖質が注目されていますが、実は糖化防予防においてもとても重要

「GI」とは?

抗糖化 食品

GIとはグリセミック・インデックスの略。

食品を摂取した後の血糖値の上昇スピードを表す数値のこと。

数値が高いほど血糖値の上昇が早く、数値が低いほど血糖値の上昇が遅いこと意味しています。

糖化を進める危険な「高GI」食品5選

抗糖化 食品

まずは糖化の進行を早めてしまう糖質がたっぷり含まれている高GI食品を紹介!

日頃から多く摂取している食品がある場合は、、、危険!!

1回の摂取量を減らしてみるなどの工夫が必要です。

バナナ

抗糖化 食品

危険度 ★★

ダイエットも兼ねて朝バナナ生活をしている方も多いのではないでしょうか?

エネルギーが豊富な分、意外と糖質も多いのです。

1日1本を目安に摂取してくださいね。

さつまいも

抗糖化 食品

危険度 ★★★

秋の味覚といえばさつまいも。

焼き芋に大学芋にスイートポテトなど誘惑がいっぱいです。

さつまいもを主食にせずに、おかずの一品程度の量で摂取して見て下さい。

また、さつまいも本来の甘みもあるので砂糖などの調味料は少なめに。

白米

抗糖化 食品

危険度 ★★★★

日本人の主食である白米。

今日のランチで食べた方も多いのではないでしょうか?

無料だからといって大盛りにするのではなく、あえて少なめにオーダーしてみるのも良いかもしれません!休日に時間に余裕がある時は、お粥にしてみるのも良いでしょう。

食パン、菓子パン

抗糖化 食品

危険度 ★★★★★

朝ごはん代わりにコンビニでついつい買いがちな甘いパン類。

食パンや菓子パンはマーガリンなどの脂肪分が多く含まれているので

食べ過ぎには要注意!食パンを食べる際にジャムをたっぷり塗るのも危険!

じゃがいも

抗糖化 食品

危険度 ★★★★★

ポテトサラダ、フライドポテトなどじゃがいも料理って手番が多いですよね。

しかし、じゃがいもの中に含まれているデンプンに糖質が多く含まれています。

1日1個までの摂取に留めると良いでしょう。

毎日取り入れたい「低GI」食品5選

抗糖化 食品

続いてGIを気にせず摂取出来る低GI食品を紹介!

高GI食品の代わりとして摂取できる食品もありますよ♡

玄米

抗糖化 食品

精製されていない玄米は、白米よりもGI値が低く食物繊維も豊富です

玄米を食べ慣れていない方は、白米と玄米をミックスするのもオススメ!

全粒粉パスタ

抗糖化 食品

全粒粉パスタは普通のパスタと比べてGI値が低く、鉄分やビタミンB1も含まれています!

見た目が茶色いのが特徴です。

最近は全粒粉パスタを使用しているお店も増えているので、ぜひ食べてみてくださいね。

アボカド

抗糖化 食品

女性は好きな方が多いアボカド♡

低糖質なのはもちろん、むくみを解消するカリウムが含まれているので

女性には嬉しすぎる食品です!

ほうれん草

抗糖化 食品

実はGI値がとても低いほうれん草。

お肌に嬉しいビタミンCも多く含まれています!

おひたしや胡麻和えなどにして、ぜひ積極的に食べてみてください。

リンゴ

抗糖化 食品

食べごたえもあってダイエットにも最適なリンゴ。

便秘解消の効果も期待されます!

食べすぎてしまった次の日はリンゴで置き換えダイエットをするのもオススメ。

こんな料理も要注意!!

抗糖化 食品

食品ごとに危険な高GI食品を紹介してきましたが、高GI食品が沢山含まれた料理にも注意が必要です!

みなさんが好きな良く食べる料理ですが、食べ過ぎには要注意です。。。

カツ丼などの丼もの

抗糖化 食品

カツ丼、天丼などの丼ものは半分以上が白米であり、その上に揚げ物が乗っている場合が多いですよね。

圧倒的に炭水化物が多い料理です。

丼ものは週1くらいの頻度にして、サラダや小鉢が付く定食などをチョイスしてみてくださいね。

カレーライス

抗糖化 食品

嫌いな人はなかなか居ないであろうカレーライス。

実は糖質がとても多いメニューなんです。

具のじゃがいもやにんじん、ルーに含まれている小麦粉の炭水化物、

それを高GI食品の白米にたっぷりかけて食べる…。

これだけの糖質を摂取すれば、血糖値も急上昇してしまいます。

しかし、カレーライスを食べれないのは悲しいですよね。

血糖値の上昇を緩やかにするために、緑野菜のサラダを先に食べてからカレーライスを食べると良いでしょう。

「高GI」「低GI」食品を正しく理解して糖化防止!

抗糖化 食品

高GI・低GI食品の紹介いかがだったでしょうか?

危険な高GI食品は控えめにして、低GI食品を積極的に摂取することを

心がけてみてくださいね!日々の食事から糖化に負けない身体作りをしていきましょう♡

Beauty Collectionは、LINE@でも情報をお届けしています!
友だち登録をして、最新情報を誰よりも早くGET♡
友だち追加
♡こちら↓の記事も参考に♡

糖化にビタミンが効果的!?おすすめの食材をご紹介します!

2018.09.03

糖化の原因はコラーゲン?このままだと肌老化がスピードUP!?

2018.08.27